「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全米大学最高峰!NCAA男子バスケットボールトーナメントに出場した日本人

2017 12/11 14:44hiiragi
バNCAA男子バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出場校は全米でただの68校、日本人出場経験者は一人だけ

NCAA男子バスケットボールトーナメントは、NCAA(全米大学体育協会)のディビジョン1に所属する大学68校によって争われるトーナメント大会だ。全米を4つの地区(EAST,MIDWEST,WEST, SOUTH)に分け、各地区から進出した17校によるトーナメントを行い、地区を勝ち上がった4校によるトーナメントで、全米ナンバーワンを決める。

NCAAのディビジョン1に所属する大学は約350校あり、シーズンの成績をもとに出場する68校が決められる。これまでに日本人も何名かがディビジョン1の大学に入学して出場のチャンスをうかがったが、2017年現在、ゴンザガ大の八村塁選手しか実現していない。

2016-2017シーズンチャンピオンはノースカロライナ大学

2016-2017シーズンのNCAA男子バスケットボールトーナメントは、2017年3月中旬~4月初旬の日程で行われた。EASTからはサウスカロライナ大学、MIDWESTからはオレゴン大学、WESTからはゴンザガ大学、SOUTHからはノースカロライナ大学が勝ち上がり決勝トーナメントを行った。

ファイナル4と呼ばれる1回戦では、ゴンザガ大学がサウスカロライナ大学を77対73、ノースカロライナ大学がオレゴン大学を77対76で退け、決勝戦に駒を進めた。チャンピオンシップと呼ばれる決勝戦では、ノースカロライナ大学が71対65でゴンザガ大学に勝利を収め、6回目の全米大学ナンバーワンに輝いた。

おすすめの記事