「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【高校バスケ女子・ウインターカップ2017大胆予想】新潟・開志国際

2017 10/13 10:05hiiragi
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

女王・岐阜女子高に跳ね返されたインターハイ

新潟県代表開志国際高等学校は、2017年インターハイの準々決勝まで勝ち進み、岐阜県代表岐阜女子高等学校と対戦したが、66対74で敗れたためベスト4進出はならなかった。

1回戦は岩手県代表一関学院高等学校に104対61と大勝を収め、2回戦は青森県代表柴田女子高等学校を88対42と寄せ付けず、3回戦では福岡県代表福岡大学附属若葉高等学校に87対70で勝ちベスト8に進出した。

ベスト4をかけて対戦した岐阜女子高戦では、試合開始から連続11点を取られ苦しい展開になった。前半を終わって25対51から、後半よく追いかけたが前半の劣勢を跳ね返すまでには至らなかった。
岐阜女子高は決勝に進出して初優勝を飾っている。

県内では敵なし、目標は全国制覇

開志国際高等学校は2014年開校の新潟県胎内市にある私立高校で、グローバル教育・リーダー教育・キャリア教育を教育方針に医学・国際・アスリートコースを通じ真の国際人・リーダー・スペシャリストを育てる目的で開校された。

2014年の創部からたった2か月で新潟大会を勝ち抜き、インターハイ出場も果たした女子バスケットボール部。その快挙は、当時の1年生メンバーだけでつかんだのもだった。この年はウィンターカップにも出場を果たしており、以降インターハイでは2017年大会まで4年連続、ウインターカップでは2016年まで3年連続で出場している。

2017年インターハイ県予選でも圧倒的な強さで1位通過しており、ウインターカップでは全国制覇を目指す。

おすすめの記事