「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【高校バスケ・ウインターカップ2017大胆予想】大阪・近畿大学附属

2017 10/13 10:05hiiragi
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターハイ予選では2次予選で敗退、5位に終わる

近畿大学附属高等学校は2017年インターハイ大阪府予選で敗れ、インターハイ出場にはならなかった。
1次予選は順調に勝ち上がったものの、決勝リーグ進出校を決める2次予選の2回戦で阪南大学高等学校に55対61で敗れ、5位~8位を決める順位決定戦に回り、決勝リーグを戦うことなく、3年連続を目指したインターハイ出場の夢は叶わなかった。

大阪府代表2校は、2次リーグで近畿大学附属を破った阪南大高と決勝リーグで阪南大高を破り優勝した大阪学院大学高等学校だった。
ウインターカップの出場枠は1校しかないため、厳しい戦いが予想される。

ウインターカップには2015年、2016年連続出場

近畿大学附属高等学校は、1939年(昭和14年)に設立された大阪府東大阪市にある私立高校だ。

バスケットボール部は1940年に創設され全国大会の常連校を目指し、日々練習に励んでいる。古くは1973年インターハイで、ベスト8の実績を残している。近年では2011年~12年にインターハイとウインターカップに連続出場を決め、2015年~16年にも連続出場を果たした。

特に2015年のウインターカップでは、ベスト8に入る活躍を見せている。2017年ウインターカップでもベスト8を狙いたいところだろう。

おすすめの記事