「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【高校バスケ・ウインターカップ2017大胆予想】大阪・近畿大学附属

2017 10/13 10:05hiiragi
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターハイ予選では2次予選で敗退、5位に終わる

近畿大学附属高等学校は2017年インターハイ大阪府予選で敗れ、インターハイ出場にはならなかった。
1次予選は順調に勝ち上がったものの、決勝リーグ進出校を決める2次予選の2回戦で阪南大学高等学校に55対61で敗れ、5位~8位を決める順位決定戦に回り、決勝リーグを戦うことなく、3年連続を目指したインターハイ出場の夢は叶わなかった。

大阪府代表2校は、2次リーグで近畿大学附属を破った阪南大高と決勝リーグで阪南大高を破り優勝した大阪学院大学高等学校だった。
ウインターカップの出場枠は1校しかないため、厳しい戦いが予想される。

ウインターカップには2015年、2016年連続出場

近畿大学附属高等学校は、1939年(昭和14年)に設立された大阪府東大阪市にある私立高校だ。

バスケットボール部は1940年に創設され全国大会の常連校を目指し、日々練習に励んでいる。古くは1973年インターハイで、ベスト8の実績を残している。近年では2011年~12年にインターハイとウインターカップに連続出場を決め、2015年~16年にも連続出場を果たした。

特に2015年のウインターカップでは、ベスト8に入る活躍を見せている。2017年ウインターカップでもベスト8を狙いたいところだろう。

近畿大会では育英高と互角の勝負

2017年インターハイ予選の後は、近畿大会が行われた。

大阪府5位の資格で出場した近畿大学附属高は、1回戦奈良県4位の関西中央高等学校に84対58と勝ち上がったが、2回戦で兵庫県1位の育英高等学校と対戦52対53と接戦の末、敗退した。

この試合は、第1ピリオド20対6と14点リードで好調な立ち上がりを見せた。第2ピリオドでは6対18と12点を返され2点差まで詰められる。第3ピリオドは19対17と点差を広げ、4点差をつけて最終ピリオドに入った。

しかし勝ちを意識したのか、このピリオドは7対12と4点のリードを守り切れなかった。

正確なミドルショット、ポイントガード・キャプテン柳原捷壱選手

身長174㎝のポイントガード柳原捷壱選手は、2017年のチームでキャプテンに任命された。

冷静なゲーム運びでチームをまとめるだけでなく、鋭いドライブと正確なミドルショットで得点源にもなっている。バスケットでは強豪と言われる大阪の南池田中学校の出身で、近畿大学附属では1年生の時からベンチ入りを果たし、試合でも使われてきた。

2年生になるとスターティングメンバーとして活躍を見せ、2016年ウインターカップではポイントガードとして3試合すべてにスターティングメンバーで出場し、ベスト16進出の原動力となった。

3Pシュートに期待、シューティングガード能登慎也選手

能登慎也選手は、身長183㎝のシューティングガードだ。

柳原選手同様1年生の時からベンチ入りを果たし、試合にも使われた。2016年ウインターカップでは3試合すべてにスターティングメンバーで出場すると、1回戦の実践学園高等学校戦では、3Pシュート4本を含む16得点を挙げ、70対63の勝利に貢献した。

柳原選手、能登選手共に3年生となって3年連続ウインターカップへの出場を果たしたいところだろう。
近畿大会の育英高戦を見る限り大阪府5番手とは思えない。一戦一戦勝ち上がれば、道は開かれる。

関連記事

おすすめの記事