「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【高校バスケ・ウインターカップ2017大胆予想】静岡・浜松学院

2017 10/13 10:05hiiragi
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

リバウンドの差が分けたインターハイ1回戦

2017年インターハイ1回戦で、静岡県代表浜松学院高等学校は長野県代表東海大学付属諏訪高等学校と対戦したが、67対80で敗れ2回戦進出はならなかった。

第1ピリオドは、硬さの見られる立ち上がりからほぼ互角の戦いで17対19で終了した。第2ピリオドは、速い攻防からやや有利に試合を進め逆転に成功して35対32で前半を終わった。

第3ピリオドは、ボールを支配できない劣勢のまま逆転を許し、45対57と12点差をつけられて終了する。第4ピリオドは、一時5点差まで詰め寄ったが逆転までは届かず67対80で敗退した。 リバウンドの本数、39対54の差が勝負を分けた試合だった。

2016年はウインターカップに15年ぶりに出場

浜松学院高等学校は、1933年創立の静岡県浜松市にある私立高校で、2011年興誠高等学校から改称した。

男子バスケットボール部は、興誠高時代から静岡県の強豪として全国大会に出場している。2016年ウインターカップには15年ぶり14回目の出場を果たし、2017年インターハイには2年連続18回目の出場となった。

ただインターハイの2年連続出場はいずれも静岡県2位としての出場で、1位としての出場は興誠高時代の1998年までさかのぼる。
2017年静岡県1位は飛龍高等学校だった。ウインターカップには県で1位にならなければ出場できない。

おすすめの記事