「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

隠れた名助っ人!ブランドン・ディクソンを応援したくなる3つの理由

2018 3/7 14:02Mimu
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人選手としては珍しい2年契約を結ぶ

2018年、来日6シーズン目を迎えるオリックス・バファローズのブランドン・ディクソン。2桁勝利の経験はないが、毎年8~9勝と安定した活躍を見せており、ここまで通算43勝をマークしている。金子千尋や西勇輝と並ぶ、先発の柱だ。

2017年シーズン終了後、オリックスはディクソンと2年契約を締結した。2015年のオフにも2年契約を結んでおり、今回で2度目の複数年契約。NPBでは外国人選手と複数年契約を結ぶケースは、そう多くない。つまり、それだけ球団もディクソンを信頼をしているということなのだろう。

しかし、それ以上にディクソンには応援したくなる何かがある。今回はディクソンのこれまでの成績と、彼が持つ魅力について紹介していこう。

2桁勝利こそないが毎年安定した活躍

まずは、ディクソンがこれまで残した成績を振り返っていく。


  • 2013年:23試合 8勝8敗 130回 88奪三振 防御率2.77
  • 2014年:26試合 9勝10敗 154回 118奪三振 防御率3.33
  • 2015年:20試合 9勝9敗 130回2/3 88奪三振 防御率2.48
  • 2016年:27試合 9勝11敗 171回1/3 139奪三振 防御率4.36
  • 2017年;25試合 8勝9敗 136回 86奪三振 防御率3.24

非常に安定した成績を残しているディクソン。2桁勝利こそないが、5シーズン43勝は非常に優秀な数字だ。規定投球回到達は2度だが、130イニングを下回ったことも1度もない。特に2014年は1年間ローテを守り、クライマックスシリーズ出場に大きく貢献している。当時は山崎勝己と組むことが多く、CSにもこのバッテリーで出場。勝ち星こそつかなかったものの好投を見せていた。

おすすめの記事