「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神園芸を解説!~阪神戦を支える「縁の下の力持ち」

2018 2/9 17:19Mimu
甲子園球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

雨のクライマックスで光った阪神園芸の仕事

2017年10月15日、クライマックスシリーズ1stステージ第2戦、阪神タイガースーDeNAベイスターズ戦は、さまざまな意味で印象に残る試合であった。両軍合わせて31安打の乱打戦。
序盤こそ阪神が主導権を握るものの、中盤からベイスターズが猛攻を見せ、7回表に一挙6点で突き放し、6-13と快勝した。

シーズン中であれば雨天中止になるほどの大雨だったが、日程の都合上中止にできない。試合は、大雨のなか行われた。グラウンドに水たまりができ、選手たちは泥まみれ。
外野の芝にも水がつき、選手が走る度に水しぶきが舞った。だがそんな状況の中でも、なんとか9回まで試合を行うことができたのは、阪神園芸のおかげである。

試合前からグラウンドの水抜きを行い、試合中もイニングごとに砂をまき、何度も何度も整備をした。以前からファンや選手の間で仕事の速さや丁寧さに定評があったが、この一戦で全国に知れ渡ることとなった。

トンボがけにも熟練の技

甲子園で試合を観戦したことがある方は、阪神園芸の普段の仕事を目にしたことがあるだろう。試合開始前やイニングの間、整備用トラクターに乗った職員さんやトンボ(グラウンド整備用の道具)をもった職員さんが、丁寧にていねいに土をならす。
整備が終わった後のグラウンドは、美しさを感じるほどだ。

阪神園芸は、このトンボがけにもこだわりを持っている。一見すると普通にトンボをかけているように見えるが、実は土をならしながら、高低差ができないように、高いところから低いところへ土を運んでいる。
単にスパイクの痕を綺麗にするだけでは、高低差ができてしまう。重点的にならしたところの土が、そうでないところより少なくなってしまい、イレギュラーの原因になることもあるのだ。

そのため高低差に細心の注意を払いながら、マウンドから外側に向かって緩やかな傾斜になるよう土を運ぶ。時には何メートルも離れたところから土を運ぶこともあるという。
高低差の見極めができるようになるには、数年以上かかるそうだ。これだけ丁寧にトンボがけをしているおかげで、甲子園の内野でイレギュラーが起こることはほとんどない。
スパイクの痕でイレギュラーすることはあっても、整備された場所でバウンドが変わることは皆無といってもいい。

おすすめの記事