「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2年連続Aクラス!DeNAベイスターズが強くなった理由とは

2018 2/9 17:20Mimu
野球観客
このエントリーをはてなブックマークに追加

2年連続でAクラス入りとなったベイスターズ

2016年シーズン、2017年シーズンと2年連続で3位に入った横浜DeNAベイスターズ。特に2017年シーズンは日本シリーズにまで勝ち上がり、多くのファンに感動を与えてくれた。
1998年に日本一に輝いたものの、そこから選手の流出などでチームが弱体化してしまい、そして2002年の最下位が引き金となった。

2002年に最下位になって以降、そこから3シーズン連続で最下位。2008年~2012年までは5年連続で勝率が4割を切っていた。
結局2002年~2015年までの14シーズンで、Bクラスが13度、うち最下位は10度。このような悲惨な状況でから、よく立て直したものだ。だがいったいなぜ、ベイスターズが長年の暗黒時代を超えて、復活することができたのだろうか。
今回はベイスターズ浮上の理由を考察していく。

転機となった2011年オフ

やはり転機となったのは、2011年だと言えるだろう。この年のオフ、ベイスターズの親会社がTBSからDeNAへと変更。
監督には中畑清氏が就任し、新たなチームとして生まれ変わった。

特に中畑監督は、チームに漂っていた嫌な雰囲気をすべて打ち払った。それまでのベイスターズの選手たちは、勝ちへの執着心が薄かった。
というよりも、全くプロ野球選手として覇気がなかった。監督が選手たちにあいさつをしても、最初は反応がなかったという話もある。

監督はそんな選手たちを、一野球人として、一社会人として、根本から鍛えなおしていった。挨拶は必ず返す、試合中はしっかりと声を出す、やる気のないプレーは絶対にしないなど。
こういった当たり前のように思えることも、1から徹底的にたたきこんでいった。

おすすめの記事