「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【DeNAベイスターズ】ここを見よ!大和の守備の注目ポイント

2017 12/18 11:48Mimu
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

FA宣言をしていた大和がDeNAベイスターズに入団決定

2017年11月30日、阪神タイガースからFA宣言をしていた大和が、DeNAベイスターズへ入団することが発表された。これにより、2017年シーズンのウィークポイントとなっていたチームの守備力と選手層の厚さが両方強化されることとなる。
ベイスターズにとっては、非常に良い補強となるだろう。

大和といえば、球界でも圧倒的な守備を誇ることで知られている。2017年シーズンは主に二遊間を守り、セカンドで48試合、ショートで56試合に出場。
さらに1軍に定着した当時はセンターを守っており、このポジションでも2014年にゴールデングラブ賞を獲得している。どのポジションでも、球界屈指の守備力を発揮してくれる選手だ。

とはいえ、守備力の高さはなかなかテレビで見ていても伝わりづらい部分である。そこで今回は、大和のプレーで是非とも注目してほしいポイントを紹介していこう。

とにかく守備の一歩目が早い!

大和の守備は、とにかく一歩目が早い。バットがボールに当たったその瞬間、すでにスタートをきっているのだ。
打球ばかりに注目していれば、大和の一歩目を目で追うことはできないかもしれない。それくらい、打球に対しての反応が良いのだ。

そしてスタートが早いゆえに、守備範囲も非常に広い。ほかの選手ならシングルハンドでとるような打球も、大和なら正面に回り込める。
ほかの選手が飛び込むような打球ですら、余裕をもって処理することができる。大和の守備に派手さがないのは、難しい打球も普通にさばいているからだ。
この一歩目の速さは、内外野どこを守っていても大きな強みになっている。ぜひここに注目してほしい。

おすすめの記事