「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

決勝は日韓対決!稲葉JAPANが3連勝に挑む!

2017 11/19 13:19mono
Baseball
このエントリーをはてなブックマークに追加

初戦で対戦した韓国代表と再び相まみえる

11月16日から始まったアジアプロ野球チャンピオンシップ2017。本日(19日)大会最終日は決勝戦が行われる。決勝を戦うのは初日に顔を合わせた日本代表と韓国代表の両チームとなった。予告先発は日本代表・田口麗斗選手(巨人)、韓国代表・朴世雄(パク・セウン)選手と発表されている。

日本代表は韓国代表にタイブレークでサヨナラ勝ちを収め、チャイニーズ・タイペイ代表には7-0と大勝。2連勝とし予選リーグ首位で駒を進めてきた。一方の韓国代表は日本代表にサヨナラ負けを喫したものの、翌日(17日)のチャイニーズ・タイペイ代表戦に1-0で勝利し、2位で決勝戦へ進出。決勝では日本代表に雪辱を晴らすべく全力で向かってくるだろう。日本代表としてはアジア最大のライバル相手に2連勝し、嫌なイメージを植え付けたいところだ。

そつない攻撃をみせた予選2試合

日本代表の攻撃陣を振り返ってみると初戦、2戦目とともに8点を奪うなど安定していたといえる。初戦は山川穂高選手(西武)、上林誠知選手(ソフトバンク)の本塁打、源田壮亮選手の足から生まれた得点と長打力・機動力の合わせ技で韓国代表に勝利。2戦目も外崎修汰選手(西武)の本塁打、3盗塁に表される機動力、3犠打と小技も織り交ぜた野球で8点を奪いチャイニーズ・タイペイ代表に快勝した。

なかでも、3番を任された近藤健介選手(日本ハム)は打率.625(8打数5安打)が絶好調。近藤選手の出塁から山川選手、上林選手が返す形を作りたい。6番に入っている外崎選手は2試合連続安打を記録しチャイニーズ・タイペイ戦では猛打賞。西川龍馬選手(広島)も2試合連続マルチ安打とアピール。それぞれが、持ち味を発揮している。

短期決戦では調子の見極めが重要になる。稲葉篤紀監督は初戦から2戦目にかけて打順を組み替えた。打順を固定して戦うのか、調子に応じて起用法を変えていくのかは、どちらがよい、悪いではない。しかし、2試合の結果をみてどのような判断を下すのかは今後を占う上でも重要となってくる。稲葉監督の決断に注目したい。

おすすめの記事