「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表2連勝!チャイニーズ・タイペイ代表に快勝し決勝進出

2017 11/19 12:13mono
Baseball
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by gettyimages

投打が噛み合い稲葉JAPAN2連勝

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017予選ラウンド第2試合。日本代表が決勝進出をかけ、17日の試合で韓国代表に0-1で敗れたチャイニーズ・タイペイ代表と対戦した。

前回の記事でも触れたように、短期決戦では調子の見極めが鍵を握る。稲葉篤紀監督は初戦から打順を組み替え2番に松本剛選手(日本ハム)を起用。無安打だった源田壮亮選手(西武)をスタメンから外す決断を行った。また、捕手も甲斐拓也選手(ソフトバンク)から初戦にサヨナラ打を放った田村龍弘選手(ロッテ)に変更。また、9番には中村奨吾選手(ロッテ)が入っている。

日本代表・今永昇太選手(DeNA)、チャイニーズ・タイペイ代表・林政賢(リン・ジュョンシェン)選手と両チームともに左腕が予告通りマウンドへ登った。
先制点を奪ったのは日本代表だった。2回表2死無走者の場面、外崎修汰選手(西武)がファールで粘り7球目を右翼スタンドへ本塁打。嬉しい代表初本塁打が貴重な先制点となった。次の1点が試合の流れを左右する、そんな展開が続き試合は進んでいく。
その大事な1点を奪ったのは日本代表だった。5回表に前の打席で本塁打を放った外崎選手が安打で出塁。その後、犠打で走者を進めると盗塁、四球などで2死二、三塁のチャンスを作ると、京田陽太選手(中日)が2点適時右前打を放ち3-0とリードを3点に広げる。

さらに日本代表は畳みかける。7回表に西川龍馬選手(広島)が安打で出塁すると田村選手が犠打。中村選手、京田選手と連続で四球を選び、1死満塁のチャンスを作ると松本剛選手が2点適時二塁打を放ち追加点を奪うことに成功。さらに押し出しで1点を追加し、この回一挙3点を奪い6-0とリードを6点に。8回、9回にも1点ずつを追加し8-0。

チャイニーズ・タイペイ代表は9回に朱育賢(ジュウ・ユィシェン)選手の本塁打で1点を返すとその後も押し出し死球で1点を奪うが反撃もここまで。8-2で日本代表が勝利した。

日本代表の左腕エースへ名乗りをあげた今永投手の快投

勝利が求められるこの一戦の先発を任された今永選手。先頭から2者連続空振り三振を奪う絶好の立ち上がり。3番の陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)選手には死球を与えてしまうが、4番の王柏融(ワン・ボーロン)選手も空振り三振に打ち取った。

2回表は先頭のジュウ・ユィシェン選手に安打を浴びるものの3者連続三振を奪う。4回は拙い守備で無死一、三塁のピンチを招いた後に3者連続三振。この日の今永選手は6回無失点、被安打3、奪三振12、与死球1(106球)でマウンドを後にする。

奪った12個の三振のうち10個がストレート(チェンジアップ1個、スライダー1個)。最速は144キロと目を見張る速さはないものの、チェンジアップとの緩急を使いチャイニーズ・タイペイ代表を翻弄した。明日の登板予定はなく今大会での出番はここで終わりとなるが、稲葉監督に大きなアピール。初めての日本代表だったが未来の左腕エースに名乗りをあげた格好だ。

おすすめの記事