「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リーグトップの打撃陣を誇る埼玉西武ライオンズ

2017 11/17 15:35mono
野球ボール,バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

不振の選手をカバーしあった野手陣

ここまで6度の本塁打王を獲得している中村剛也選手、助っ人外国人のメヒア選手の不振や、開幕前に森友哉選手が骨折で離脱するなどベストメンバーが揃わなかった。
しかし、2015年にシーズン最多安打(216安打)を記録した秋山選手が首位打者を獲得。主将の浅村栄斗選手は打率.291、19本塁打、99打点と好成績をマークした。このように、中堅選手が不振のメンバーの穴を埋めてきた。

遊撃手を任されたルーキーの源田壮亮選手はフルイニング出場を果たし打率.270をマーク。プロ入り前は打撃が課題とされていたもののその低評価を見事に覆している。
開幕から欠場していた森選手も8月半ばに復帰すると38試合に出場。打率.339(124打数42安打)、2本塁打、18打点と結果を残し終盤戦に戦力となった。

【主な野手成績】
浅村栄斗選手
143試合/打率.291/19本/99打点

秋山翔吾選手
143試合/打率.322/25本/89打点

源田壮亮選手
143試合/打率.270/3本/57打点

2018年シーズンに向けて

リーグトップとなるチーム打率.264が示すとおり、野手陣は現有戦力でも十分に戦うことができるだろう。中村選手、メヒア選手が復調すればリーグ2位の153本塁打から増加も見込まれ、さらに破壊力が増すことも考えられる。
課題は投手陣だろう。エース菊池選手に次ぐ2番手以降の先発投手陣をそれることが急務だ。ウルフ選手の残留は決まったものの、野上選手はFA権を行使。移籍が濃厚だ。多和田真三郎選手、十亀剣選手、高橋光成選手といった選手達の活躍が鍵となりそうだ。

また、中継ぎ陣ではチームトップの登板数(64試合)を誇ったシュリッター選手が退団。牧田選手もポスティングによってメジャーリーグ移籍を目指す可能性が高く退団の可能性もある。トミー・ジョン手術を受けシーズン終盤に復帰した、高橋朋己選手が加わるとはいえ補強は必要だろう。
シーズンオフの補強第一弾となるドラフト会議では、社会人ナンバーワン左腕の田嶋大樹選手(JR東日本)に入札したが、抽選で外したのちに、明治大学のエース・齋藤大将選手を獲得した。
即戦力として先発ローテーションに加わることが期待される。外国人選手の補強も投手が濃厚。

先発、そしてセットアッパー候補を加え福岡ソフトバンクホークスとの13.5ゲーム差を縮めていきたいところだ。常勝時代を知る辻監督が2年目となる2018年シーズンに期待が集まる。


《関連データ》チーム別 打撃リーダーズ


《関連記事》ファン熱狂!埼玉西武ライオンズの名勝負と名実況5つをご紹介!

おすすめの記事