「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ファン熱狂!埼玉西武ライオンズの名勝負と名実況5つをご紹介!

2017 3/3 18:51
埼玉西武ライオンズ 名実況 名プレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: https://www.daily.co.jp/

2008年にチーム名を改めた「埼玉西武ライオンズ」は埼玉県所沢市を本拠地とし、地元ファンに深く愛される球団だ。前身の西鉄時代から数えてリーグ優勝21回、日本シリーズ優勝13回、プレーオフ優勝3回など、球史に残る活躍をしている埼玉西武ライオンズの名勝負と名実況を振り返る。

「おっ、一気にホームに向かっている……ホームイン!!」

「おっ、一気にホームに向かっている……ホームイン!!」

出典: You Tube

1987年日本シリーズ第6戦の巨人との戦い8回裏2アウトの場面、安打で出塁していた辻発彦は、続く秋山幸二のセンター前ヒットを拾ったクロマティのスローモーな返球動作を見極め、一気にホームに生還した。
辻はこの活躍でその名を全国に知らしめ、守備と走塁に長けた名プレーヤーとしてファンの記憶に残っている。辻はライオンズ黄金期を支えたそうそうたる名選手の1人で、二塁手として8度のゴールデングラブ賞を受賞している。そして2017年からは埼玉西武ライオンズの第1軍監督を務めることになっている。

「おっ、グルグル回った!ホームを突く!同点!!」

「おっ、グルグル回った!ホームを突く!同点!!」

出典: You Tube

1992年日本シリーズ第6戦・7-6でヤクルトがリード、2アウトの局面でバッターボックスの秋山幸二は、2ナッシングと追い込まれていた。1塁には大塚光二がおり、そこへ秋山が右中間へ打ち返した。2塁を蹴った大塚に3塁コーチャーの井原氏が右手をグルグル回して走塁を指示、大塚は持ち前の俊足でホームに生還した。
このプレーに沸き返る場内だったが、一方打った秋山は2塁まで出塁しなかったことでコーチらに責められ、1人悔しがっているシーンが映っていた。

おすすめの記事