「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リーグトップの打撃陣を誇る埼玉西武ライオンズ

2017 11/17 15:35mono
野球ボール,バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の埼玉西武ライオンズ

【2017年シーズン成績】
順位:2位
勝敗:79勝61敗3分
勝率:.564
打率:.264(1位)
本塁打数:153本(2位)
得点数:690点(1位)
盗塁数:129盗塁(1位)
防御率:3.53(3位)

1980年代後半から1990年代にかけての黄金時代を西武ライオンズで過ごした辻発彦氏は、1996年にヤクルトスワローズへ移籍し1999年に現役を引退。ヤクルト、横浜ベイスターズ、中日ドラゴンズを経て21年ぶりに西武へ監督として戻ってきた。
監督は初めての経験だったが、2014年から3年連続Bクラスに沈んでいたチームを2位に導きクライマックスシリーズへと出場。最低限の役割を果たしたと言えるだろう。

2016年シーズンオフにエースの岸孝之選手がFA権を行使し、東北楽天ゴールデンイーグルスへと移籍した。苦しい先発投手事情の中、菊池雄星選手が躍進する。 沢村賞の受賞はならなかったが、16勝6敗、防御率1.97、217奪三振の成績を残しエースとしての働きを見せた。
また、野手陣も秋山翔吾選手が首位打者を獲得。ルーキーの源田壮亮選手も56年ぶりとなる全試合フルイニング出場を果たし打率.270を記録した。近年の課題でもあった遊撃手のポジションをしっかりと埋めたといえる。
投打のバランスがかみ合ったことが上位進出の大きな要因だろう。

菊池選手が圧巻の成績を残した投手陣

菊池選手が圧巻の投球を見せたが、2番手以降の投手には不安が残った。野上亮磨選手は11勝をマークしたものの10敗を喫しており、貯金はわずかに1つ。
ウルフ選手は9勝4敗と5つの貯金を作ったものの登録抹消も多く、規定投球回には届かなかった。先発投手陣が安定するとさらに上位を目指すことも可能となりそうだ。

中継ぎ陣は球界屈指のアンダースロー・牧田和久選手、武隈祥太選手、シュリッター選手が中心となった。牧田選手は第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表での疲れも感じさせず、5月20日まで無失点と抜群の安定感を発揮。チーム2位タイとなる58試合に登板し防御率2.30を記録している。
また、武隈選手は3年連続となる60試合登板には届かなかったが、牧田選手と同じく58試合に登板。貴重な左腕として中継ぎの一端を担っていた。
新人の平井克典選手も42試合に登板し、防御率2.40を記録するなど1年目から即戦力の活躍を見せた。2018年シーズンは勝利の方程式に加わりたい。

【主な投手成績】
菊池雄星選手
26試合/16勝6敗/防御率1.97

牧田和久選手
58試合3勝3敗28H/防御率2.30

武隈祥太選手
58試合/5勝2敗13H/防御率3.14

おすすめの記事