「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

投打の軸が故障するも選手層の厚さでカバーし2連覇達成!広島東洋カープ

2017 11/17 15:13mono
ホームベース
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の広島東洋カープ

【2017年シーズン成績】
順位:1位
勝敗:88勝51敗4分
勝率:.633
打率:.273(1位)
本塁打数:152本(1位)
得点数:736点(1位)
盗塁数:112盗塁(1位)
防御率:3.39(3位)

2016年に1991年以来25年ぶりとなるセ・リーグ優勝を飾った広島東洋カープ。2017年シーズンも変わらぬ強さを見せてくれた。2位の阪神タイガースに10ゲームの差をつけ2連覇を達成したことからも強さは際立っていたと言えるだろう。
ゲーム差だけを見ると盤石にみえるが、決してそんなことはなかった。開幕投手を務めたジョンソン選手は不調で離脱。『神ってる男』こと鈴木誠也選手はシーズン中盤に負傷し、投打の軸を欠いた状態で戦っていたのだ。

しかし、鈴木選手が離脱後、主に4番を務めることの多かった松山竜平選手が9月に月間MVPを獲得。シーズン途中から先発に抜擢された薮田和樹選手が15勝(3敗)をマークするなど、チーム全員で故障者の穴を埋め優勝を勝ち取ったといえるだろう。
2年連続の日本シリーズを目指して戦ったクライマックスシリーズ・ファイナルステージは、横浜DeNAベイスターズ相手に先勝したものの4連敗を喫し敗退してしまう。1979年、1980年以来37年ぶりとなる2年連続の日本シリーズ進出はならなかった。

ケガで離脱のジョンソン選手の穴を薮田和樹選手が埋めた!

投手陣を見てみると先発、中継ぎともに中心となるべき選手が離脱してしまった。まず、戦列を離れたのが開幕投手のジョンソン選手だ。
開幕戦で4回途中7失点(自責5)の乱調で敗戦投手になると、調子は上がらず4月5日に登録抹消。交流戦で復帰したものの7月後半に再度離脱してしまう。6勝3敗と3つの貯金を作ったものの、沢村賞投手としては物足りない1年となってしまった。
中継ぎ陣では抑えの中﨑翔太選手が右側腹部の違和感で4月上旬から1カ月以上にわたり離脱。開幕からおよそ10日間で守護神不在となってしまったのだ。
しかし、中﨑選手の穴を今村猛選手が埋め新守護神へ定着。中﨑選手が戦列復帰後も8月中旬までは抑えの座を守り抜いた。

明るい話題となったのは薮田選手だ。シーズン開幕から中継ぎ起用されていたが、交流戦から先発へ転向すると6連勝(中継ぎ登板時含め7連勝)を記録。その後も勝ち星を積み重ね15勝(3敗)をマークした。
2016年シーズンにパ・リーグ制覇を果たした北海道日本ハムファイターズの増井浩俊選手と同じく、先発転向によって成績が好転したパターンとなった。

【主な投手成績】
薮田和樹選手
38試合/15勝3敗3H/防御率2.58

野村祐輔選手
25試合/9勝5敗/防御率2.78

中﨑翔太選手
59試合/4勝1敗10S25H/防御率1.40

おすすめの記事