「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アマチュア時代は実績ゼロ!?カープ・薮田和樹の苦労人生

2017 8/3 12:07Mimu
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今やチームに欠かせない投手もアマチュア時代は実績ゼロ!?

2017年シーズンの広島東洋カープは、藪田和樹選手がフル回転している。シーズン頭から中継ぎとして活躍し、5月23日までに24試合で3勝1敗、イニング数も27イニングを数え、回跨ぎもOKな便利な中継ぎとしてチームを支えていた。
さらに5月30日にはエースの野村祐輔選手が離脱したことをうけて、急遽代理としてシーズン初先発。5回1失点の活躍を見せ、交流戦の大事な初戦の白星に大きく貢献した。
岡山理科大学附属高校から亜細亜大学を経て、2014年にドラフト2位でカープへ入団した。ストレートの最速は156km/h、落差の大きなフォークも強力だ。5月には結婚を発表し、今もっとも勢いのある選手だろう。そんな藪田選手であるが、実はアマチュア時代には非常に苦労した選手であった。

注目された存在もケガに泣かされ続けた高校時代

藪田選手は、岡山理科大学附属高校時代から本格派投手として既に注目を集めていた。
2年生の春季大会では最速148km/hを記録。コントロールにやや難があるものの、相手打者がことごとくストレートを空振りしている様子からして、相当伸びのあるボールを投げていたようだ。エースは1学年上の九里亜蓮選手であったが、一部のスカウトの間では薮田選手の方が注目度が高かったという。
そんな薮田選手だが、春季大会以降はケガに泣かされる日々が続く。新チームでは主戦投手として期待されていたものの、肘を痛めてしまったために秋季大会での登板はなかった。
また、エースを務めていた石橋史哉さんもスカウト評価が高く、190cmを越える長身から最速138km/hの角度あるストレートが武器の選手だ。打撃でも4番も任されていたほどの逸材で、まさにチームの中心選手であった(のちに東海大学へと進学)。
だが150km/h近いストレートを投げる藪田選手が復活すれば、おそらく彼がエースであっただろう。そうなれば石橋さんの打撃力もさらに活かすことができ、チームにとっても大きな影響を与えることは間違いなかった。
しかし3年生になっても藪田選手の肘は完治せず、更に悪化していったのだ。春に肘の疲労骨折が発覚し、春季大会でも登板なしだった。夏の大会ではなんとか2イニングを投げたものの、まともな実績を残せないまま高校生活が終了してしまった。

おすすめの記事