「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中継ぎ陣の躍進で2年ぶりのCS出場を果たした阪神タイガース

2017 11/17 14:39mono
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の阪神タイガース

【2017年シーズン成績】
順位:2位
勝敗:78勝61敗4分
勝率:.561
打率:.2485(4位)
本塁打数:113本(3位タイ)
得点数:589点(3位)
盗塁数:70盗塁(3位)
防御率:3.29(1位)

金本知憲監督2年目となった2017年シーズン。開幕戦勝利後に3連敗を喫したものの、盛り返し4月を貯金4で終える好スタートを切った。その後も、順調に白星を積み重ね貯金17の2位でシーズンを終了。2010年以来7年ぶりとなる二桁貯金を達成した。
勝利の要因は中継ぎ投手陣だ。メッセンジャー選手の骨折、藤浪晋太郎選手の不振による二軍落ちと先発投手陣に不安はあったものの、リーグ屈指のリリーフ陣がフル回転。ブルペンの力で2年ぶりとなるクライマックスシリーズ出場を果たしたと言えるだろう。

クライマックスシリーズでは先勝したものの、横浜DeNAベイスターズに第2戦、第3戦と連敗。ファイナルステージへ出場できなかったが、金本監督は手応えを感じたはずだ。就任3年目となる2018年シーズンに更なる高みを目指したい。

60試合以上登板が5人とブルペンが光った投手陣

チーム防御率3.29とリーグ1位を記録した投手陣。桑原謙太朗選手(67試合)、岩崎優選手(66試合)、マテオ選手、ドリス選手(ともに63試合)、高橋聡文選手(61試合)と史上初めて60試合以上登板した選手が5人誕生した。
また5人全員が防御率3点を切る活躍を見せ、終盤の力強さを感じさせてくれたといえるだろう。なかでも、桑原選手は2016年シーズンの一軍登板が0試合だったにもかかわらず大躍進。『7回の男』に抜擢されると年間を通じて結果を残し、最優秀中継ぎ投手のタイトルをマテオ選手と分け合った。

先発投手陣では開幕投手も務めたメッセンジャー選手(11勝)、秋山拓巳選手(12勝)が2桁勝利を達成。しかし、メッセンジャー選手は8月10日の試合で骨折し、シーズン絶望かと思われたが、最終戦で復帰する。
その試合で、あと4回に迫っていた規定投球回に到達させるだけでなく、4回被安打1、8奪三振と圧巻の投球を見せてくれた。クライマックスシリーズでは大事な初戦を任され、6回無失点と勝利投手に輝いている。

先発陣でブレイクしたのは秋山選手だ。高卒ルーキーだった2010年に4勝をマークして以降、低迷が続いていたがみごとに復活。前半戦で7勝をマークしオールスターゲームにも出場し飛躍の年となった。
2018年シーズンも開幕ローテーション投手としての期待が掛かる。

【主な投手成績】
メッセンジャー選手
22試合/11勝5敗/防御率2.39

秋山拓巳選手
25試合/12勝6敗/防御率2.99

桑原謙太朗選手
67試合/4勝2敗39H/防御率1.51

おすすめの記事