「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2年ぶりとなる日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス

2017 11/17 14:22mono
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の福岡ソフトバンクホークス

【2017年シーズン成績】
順位:1位
勝敗:94勝49敗
勝率:.657
打率:.259(2位)
本塁打数:164本(1位)
得点数:638点(2位)
盗塁数:73盗塁(4位)
防御率:3.22(1位)

劇的なサヨナラ勝ちを収め2年ぶりとなる日本一を勝ち取った福岡ソフトバンクホークス。結果だけ見ると圧勝にも見えるが、その道のりは決して平坦なものではなかった。
開幕カードを3連勝し5月末の時点で貯金13。勝率.628と首位でもおかしくない成績を残していたが、それ以上に東北楽天ゴールデンイーグルスが快進撃を見せており3.5ゲーム差の2位だった。
交流戦が終わっても首位に立てなかったものの、慌てることなく夏場に楽天をかわすと、後は独走。最終的に2位となった埼玉西武ライオンズを13.5ゲーム離しリーグ優勝を果たした。

楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージでは2連敗スタート。楽天の勢いに飲まれるかと思われたが、そこから3連勝で勝ち抜け日本シリーズへと駒を進めている。
日本シリーズでも横浜DeNAベイスターズ相手に3連勝したが、2連敗。ヤフオクドームに戻り最終戦となった第6戦も9回表の時点で1点ビハインドと紙一重だった。
レギュラーシーズンのゲーム差や4勝2敗という日本シリーズの勝敗ではわからない苦しさがあったのだ。

柱が故障するも盤石だった投手陣

和田毅選手、武田翔太選手とローテーションの柱となるべき選手が相次いで離脱し、シーズンを通して活躍できなかった。そのなかで奮闘したのが東浜巨選手と千賀滉大選手のふたりだ。
東浜選手は自身初となる規定投球回に到達し、キャリアハイとなる16勝をマーク。初タイトルとなる最多勝を獲得している。
第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表として快投を見せた千賀選手も、自身初のタイトルである最高勝率を獲得。また、2年連続で2ケタ勝利を達成した。

中継ぎ陣では森唯斗選手、嘉弥真新也選手、岩嵜翔選手らが結果を残し終盤の強さを発揮。更に、日本シリーズでMVPに輝いたサファテ選手がクローザーとして君臨していたことも、一番の強みだろう。
サファテ選手はプロ野球記録となる54セーブをマークするなど、絶対的な守護神として相手チームの前に立ちはだかった。シーズン終了時点で日本通算229セーブとなり2018年シーズンは名球会入りの条件となる250セーブを目指すことになる。

【主な投手成績】
東浜巨選手
24試合/16勝5敗/防御率2.64

千賀滉大選手
22試合/13勝4敗/防御率2.64

サファテ選手
66試合/2勝2敗54S3H/防御率1.09

おすすめの記事