「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡ソフトバンクホークスの必勝パターン

2016 8/13 06:01
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年も優勝を願ってやまない福岡ソフトバンクホークスファンの方へ。
ホークスは今年も戦力が充実しており、ぶっちぎりでの優勝を勝ち取りたいと思っている方も多いと思います。 そんなホークスファンの方のために、今年のホークス必勝パターンをご紹介します。

福岡ソフトバンクホークスの必勝パターン(先発)

福岡ソフトバンクホークスの投手陣は12球団で随一といっていいほど充実しており、他球団が羨むほどの選手層を誇っています。
先発ローテーションは武田翔太、バンデンハーク、千賀滉大、和田毅、東浜巨の5人を軸に回り、さらに岩嵜翔、中田賢一の他に調整中の攝津正もおり、故障者が出てもローテーションを回すのに苦労することはないでしょう。 武田とバンデンハーク、和田は5月の中旬で早くも5勝と絶好のスタートを切っており、千賀も3勝負けなしと、先発ローテーションの5人は全員2ケタ勝利を挙げる勢いです。
中でも武田翔太は防御率も2.54と安定、昨年の自身最多の13勝を上回るのは間違いなさそうで、今年はホークスのエースから球界のエースになるべく活躍が期待されます。

福岡ソフトバンクホークスの必勝パターン(中継ぎ)

福岡ソフトバンクホークスは中継ぎにも死角はなく、スアレス、森福允彦、森唯斗、五十嵐亮太と強力な中継ぎ陣が控えています。
特に森福は2010年から毎年30試合以上に登板、通算のホールド数は100を超え、貴重な左の中継ぎとして欠かせない選手になっています。
ヤクルトからメジャーに渡り、ホークスに入団した五十嵐も、37歳とベテランながら150km近いストレートは健在で、投手陣のリーダーとしての役割もこなしています。2015年は54試合に登板、投球回数54回に対し奪った三振は59個、防御率は1.38の成績を残し優勝に大きく貢献しました。今年も開幕から好調をキープしています。

おすすめの記事