「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

4年ぶりのCS出場を果たした東北楽天ゴールデンイーグルス

2017 11/17 14:11mono
野球グランド
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の東北楽天ゴールデンイーグルス

【2017年シーズン成績】
順位:3位
勝敗:77勝63敗3分
勝率:.550
打率:.254(3位)
本塁打数:135本(3位)
得点数:585点(3位)
盗塁数:42盗塁(5位)
防御率:3.33(2位)

梨田昌孝監督となって2年目となった2017年シーズン。埼玉西武ライオンズからFA宣言をした岸孝之選手を獲得し、則本昂大選手とともにダブルエースを形成。開幕ダッシュに成功し、序盤は首位を快走した。
しかし、8月中旬から6連敗、1勝を挟み再び10連敗(引き分け1含む)を喫し最大31あった貯金が減少する。最終的には14となり優勝した福岡ソフトバンクホークスから、15.5ゲーム差の3位でシーズンを終えている。

序盤の快走からすると優勝できなかった悔しさが残るものの、2016年シーズンは優勝した北海道日本ハムファイターズから25ゲーム離された5位だった。これは大躍進と言えるだろう。
また、ドラフト1位ルーキーの藤平尚真選手が一軍デビューし3勝(4敗)をマーク。則本選手、岸選手そして11勝をマークした美馬学選手に続く4本目の柱として2018年シーズンのローテーション入りが期待される。

3本柱に中継ぎ陣が安定した投手陣

メジャーリーグ移籍を果たした田中将大選手が抜けた2014年以降、則本選手への負担が大きかった先発投手陣。
しかし、2017年シーズンは岸選手が加入したことで負担は減った。その影響があったのか、ルーキーイヤーの2013年以来となるキャリアハイの15勝をマーク。2年目から継続している最多奪三振のタイトルも4年連続で獲得した。

則本選手とのダブルエースとして期待された岸選手。7月19日までに8勝3敗と好成績を残したものの、それ以降は好投を続けるも白星には恵まれず7連敗。最終的には8勝10敗、防御率2.76と貯金を作ることはできなかった。
先発3本目の柱として結果を残したのが美馬選手だ。自身初となる二ケタ勝利となる11勝(8敗)をマークし、投球回数も171.1回とキャリアハイを達成。則本選手、岸選手と強力ローテーションの一角を形成しチームの3位躍進に大きく貢献したと言っていいだろう。

高梨雄平選手、森原康平選手、といった新人たちの活躍も目立った中継ぎ投手陣。福山博之選手、ハーマン選手といったセットアッパーもそれぞれ結果を残した。そしてクローザーの松井裕樹選手も途中離脱があったが、52試合に登板し防御率1.20。シーズン中の被本塁打は0本だった。中継ぎ陣が安定しているからこそ、先発投手も思い切り投げることができ、好循環に繋がったといえそうだ。

【主な投手成績】
則本昂大選手
25試合/15勝7敗/防御率2.57

岸孝之選手
26試合/8勝10敗/防御率2.76

松井裕樹選手
52試合/3勝3敗33S5H/防御率1.20

おすすめの記事