「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

一気に見せます!東北楽天ゴールデンイーグルスの珍場面5選

2017 7/10 10:25tomon
東北楽天ゴールデンイーグルス,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Eaglefire

梨田監督率いる東北楽天ゴールデンイーグルスは、2004年に発足したばかりの新しい球団で、創立9年目の2013年にはプロ野球史上5番目に早いスピード優勝を成し遂げている。 そんな歴史の浅いイーグルスにも、少なからず、とっておきの珍アクシデントやハプニングがある。

試合後の花火大会が延長戦でまさかの順延

2015年5月21日の日本ハム戦は、試合終了後に「第1回楽天イーグルス花火大会」行う予定だったため、2時間早い16時から開始された。
しかし、試合は延長戦となり、なんと試合が終わったのは21時40分だった。そのため、周辺の迷惑や選手の移動を考慮して花火大会は延期となった。
お客さんや選手の中には、残念がっている人が数多くいた為、リベンジで7月11日のデーゲームのオリックス戦の後に開催された。試合を観戦した人や市民約15000人が、見事な3000発の花火に魅了された。

東日本大震災の影響で甲子園球場でパリーグ初の開幕試合

当初、3月25日のKスタ宮城でのロッテ戦で、創設以来初の記念すべき本拠地開幕戦を迎える予定だったが、3月11日に発生した東日本大震災の影響で、本拠地のKスタ宮城が破損により使用不可となったため、セパ両リーグの開幕戦が4月12日に延期された。
その後、練習やオープン戦が再開、試合後には募金活動が行われ、4月2日、3日は12球団によりチャリティー試合も開催された。Kスタ宮城の補修工事のため、当分の間は関西の球場で主催試合が行われることになり、その初の主催試合が4月15日に阪神甲子園球場でのオリックス戦だった。

おすすめの記事