【プロ野球】2018年に達成が予想される記録はなにがある?|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【プロ野球】2018年に達成が予想される記録はなにがある?


2000本安打を目指すのは3選手

2017年シーズンは青木宣親選手(メッツ)、荒木雅博選手(中日)、阿部慎之助選手(巨人)、鳥谷敬選手(阪神)と4人が到達した2000本安打(※青木選手は日米通算)。名球会への入会資格となっている打者の勲章だ。2015年から3年連続で到達者が生まれているこの記録。
2018年シーズンに到達可能な選手は3人存在する。内川聖一選手(ソフトバンク)、福浦和也選手(ロッテ)、村田修一選手(巨人)の3選手だ。

内川選手は残り104安打の1896安打から2017年シーズンをスタートさせたものの、シーズン中の故障により到達できなかった。残り25安打となった2018年は開幕直後となる4月中の達成に期待がかかる。

福浦選手は現在1962安打と残り38安打。近年はレギュラーとしてではなく代打としての出場が多く、達成は五分五分といったところだろうか。
千葉ロッテマリーンズ(前身球団含む)一筋で2000本安打を達成したのは「ミスターロッテ」こと有藤通世選手ただひとり。球団史上ふたり目となる生え抜きの2000本安打達成に期待がかかる。
2018年シーズンはコーチ兼任となることも発表されており、他の選手を指導しながら大記録に挑む。

2011年オフに横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)から、FAで読売ジャイアンツに移籍した村田修一選手。
6年間巨人でプレーし通算安打は1865本となった。しかし、2017年オフにチーム事情から戦力外となり、新たな移籍先を探し残り135本に迫った2000本安打を目指すことになる。本人は「与えられた役割で頑張る」と語っているが、2000本安打達成のためにもレギュラー確保を目指して欲しい。

2018年シーズンにこの3選手は勲章を手に入れることができるのか今から楽しみだ。

【2018年に2000本安打到達が予想される選手】

内川聖一選手(ソフトバンク):現在1975安打/残25安打
福浦和也選手(ロッテ):現在1962安打/残38安打
村田修一選手(巨人):現在1865安打/残135安打

※所属は2017年所属チーム

400号本塁打に迫る阿部慎之助選手

2017年終了時点で19人しか達成者が存在しない400号本塁打(日米含む)。過去の達成者を見ると、王貞治選手(巨人/868本)、野村克也選手(南海他/657本)、長嶋茂雄選手(巨人/444本)とレジェンド達の名前が多く刻まれている。
その大記録に到達しそうなのが阿部慎之助選手(巨人)だ。阿部選手は2001年にデビューすると2017年まで17年連続2桁本塁打を達成し、巨人の主軸として長きにわたり活躍している。2014年から捕手ではなく一塁手としての出塁が増え、2016年はプロ入り以来初めて捕手として出場をしなかった。

その阿部選手が積み上げた本塁打は388本。400号本塁打まであと12本だ。キャリアの中で本塁打が12本未満に終わったシーズンは2006年の一度だけ。順調にいけば、到達はまちがいないだろう。
しかし、阿部選手も2017年シーズンは39歳で迎えることになる。ケガで離脱することも多かった選手だけに油断は禁物だ。万全の体調で史上20人目となる400号本塁打を目指してもらいたい。

ちなみに、2017年シーズンの12本目は8月2日だった。同じく夏場の達成となるのだろうか。記念アーチへのカウントダウンを見守りたい。

【2018年に400号本塁打到達が予想される選手】

阿部慎之助選手(巨人):現在388本塁打/残12本塁打

前人未踏の1000試合登板に届くか!?

2017年シーズンにプロ野球最多となる954試合登板を果たした岩瀬仁紀選手(中日)。
中継ぎとして戦力となっており、2018年シーズンは未知の領域である2000試合登板を目指すことになる。メジャーリーグ記録はジェシー・オロスコ選手の1252試合登板と更新は容易ではないが、頑張ってほしいものだ。

岩瀬選手に続くのが五十嵐亮太選手の837試合(日本754試合/米83試合)。
節目の900試合登板まで63試合となっている。2014年に63試合登板を果たしており、実現不可能な数字ではない。五十嵐選手は1979年生まれとなっており、2018年シーズンは39歳となる。ケガに負けることなく記録達成を目指してもらいたい。
前人未踏と言われている岩瀬選手にどこまで追いつくことができるのかに注目が集まる。

150勝到達間近なのはふたり!

名球会入りの参加資格である200勝。近年、日本では中6日のローテーションが定着し、打者の2000本安打に比べ200勝等達の難易度が格段に上がっている。
現役選手で200勝に最も近いのは岩隈久志選手(マリナーズ)の170勝(日本107勝・米63勝)だが、2017年シーズンは肩の故障により未勝利となった。200勝到達に向けて2018年シーズンが正念場となりそうだ。

日本球界に目を向けると、石川雅規選手(ヤクルト)が156勝で最多となっている。2018年シーズンを38歳で迎えるが残り44勝をいくつ減らせるかに注目したい。

200勝到達までの通過点である150勝へ到達可能な選手もわずかだ。
メジャーリーグではダルビッシュ有選手(ドジャース)が現在149勝(日本93勝・米53勝)。2017年シーズンオフでFAとなるために、どこの球団で達成するかは不明だが、到達はまちがいないだろう。

国内では杉内俊哉選手(巨人)が142勝で残り8勝となっている。しかし、2016年、2017年と2年連続で一軍登板がなく復帰は不透明だ。達成は微妙なところだが、無事にカムバックしてほしいものである。

【2018年に150勝到達が予想される選手】

ダルビッシュ有選手(ドジャース):現在149勝/残1勝
杉内俊哉選手(巨人):現在142勝/残8勝

※2017年所属球団

外国人投手初の名球会入りなるか?250セーブを目指すサファテ選手

救援投手の名球会加入条件である250セーブ。
2017年シーズン終了時点で岩瀬仁紀選手(中日)、高津慎吾選手(元・ヤクルト他)佐々木主浩選手(元・横浜他)の3人しか達成していない難易度の高い記録でもある。その250セーブに到達しそうなのがサファテ選手(ソフトバンク)だ。

2017年シーズンにはプロ野球記録となる54セーブをマークし、通算セーブ数は229となった。2018年に21セーブを記録すれば外国人投手として初めての名球会入りとなる。(スタルヒン選手は303勝しているが大正生まれのために未入会)

前人未踏の記録を達成した2017年シーズンに続き、2018年シーズンも新たな勲章を手に入れたいところだ。

【2018年に250セーブ到達が予想される選手】

サファテ選手(ソフトバンク):現在229セーブ/残21セーブ


《関連データ》プロ野球 AI勝敗予想


《関連記事》あの活躍をもう一度!来季に復活を期待したい投手たち

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!