「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年シーズンこそ復帰なるか?ヤクルトの安打製造機・川端慎吾

2017 11/10 12:24Mimu
明治神宮球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年シーズン、1度も試合に出場できなかった川端慎吾

来シーズン、この男の復帰が待望される。東京ヤクルトスワローズ・川端慎吾、2014年に首位打者を獲得した、ヤクルトきっての安打製造機だ。しかし今シーズン、彼の名前は一度も電光掲示板に表示されることがなかった。

シーズン前の2月に発症した椎間板ヘルニア。なんとかシーズン中の復帰に向けてリハビリを行い、7月ごろには2軍戦に出場するまでに回復していたのだが、結局痛みが完全に消え去ることはなく、8月に手術に踏み切ることを決意した。
この手術によって今年中に1軍へ復帰することが絶望的になることはわかっていたが、来シーズンを万全の状態で戦うためには仕方のないことである。

もともとチームに対する思いは人一倍強い。2016年には、進塁打を意識するあまり、打率が上がってこないという時期もあった。それくらい、個人よりもチームを優先する男だ。ましてや、選手会長という立場もある。今年のチームの現状を、いったいどう見ていたのだろうか。

川端がいれば打線の厚みがさらに増す

川端が1人いるかいないかで、打線の厚みは大きく変わってくる。2014年~2016年まで3年連続3割を達成、特に2015年シーズンは、打率.336、195安打で首位打者と最多安打の2冠にも輝いた。そんな選手がポッカリと抜けてしまえば、やはり打線にできる穴も大きくなってしまう。

彼ほどの高い技術を持った選手はなかなかいない。ミート力は球界でも随一だ。どんなコース、どんな球種でも、いとも簡単にヒットにしてしまう。
その技術力には、同じ左の巧打者である坂口智隆も唸るほどである。それでいて長打もあり、少しでも甘いコースに行ってしまえば、スタンドに運ぶパワーも持ち合わせている。2014年には2桁本塁打を記録、2塁打数でも常にセリーグの上位に顔をのぞかせている。

おすすめの記事