「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年シーズン、『0試合』からの復活にかける男たち

2017 12/11 16:24mono
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ入り以来初の出場0試合となった川端慎吾選手

2017年春季キャンプ中にヘルニアにより離脱した川端慎吾選手(ヤクルト)。早い段階で二軍戦に復帰し、シーズン半ばには一軍へと戻ってくることが期待されていた。
しかし、病状はよくならずリハビリが続く。結局8月に手術を選択し、2017年中の復帰は絶望となってしまった。手術後は2018年の春季キャンプへ目標を定め、リハビリに努めている。

川端選手が不在だったヤクルトは三塁が穴となり、固定するのに時間がかかってしまった。シーズン序盤は西浦直亨選手、谷内亮太選手、荒木貴裕選手らで争ったが、スタメン定着には至らず。
その後、藤井亮太選手がスタメンに定着し、後半戦からは新外国人選手のリベロ選手と併用となった。藤井選手にとってはブレイクのきっかけとなったが、2015年首位打者の川端選手不在はチームにとって大きなマイナスだったと言えるだろう。
川端選手の復活なくしてヤクルトの最下位脱出はない。2018年シーズンは春季キャンプから一軍に復帰し、残り78本に迫った1000本安打を目指したい。

ブレイク候補でもあった谷口雄也選手

2016年シーズン自己最多となる83試合に出場。2017年シーズンは外野のレギュラー争いが期待されていた谷口雄也選手(日本ハム)。
しかし、シーズン開幕前に右膝靱帯損傷のケガを負い手術。8月には打撃練習を再開させるなど、順調に回復していたが一、二軍ともに試合への出場はなかった。
2018年シーズンはアジアプロ野球チャンピオンシップで日本代表にも選ばれた松本剛選手をはじめ、岡大海選手、大田泰示選手らとレギュラー争いを行うことになりそうだ。

日本ハムでは大嶋匠選手も出場が2年ぶりに0となった。2011年ドラフト7位で入団。ソフトボール部出身で注目を浴びていた大嶋選手。
2016年シーズンに12試合に出場しプロ初安打も放ったが、2017年シーズンに一軍での出場はなかった。進退をかけ2018年シーズンに臨むこととなる。

おすすめの記事