「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ベイスターズの新戦術!?9番・倉本寿彦は大当たりだったのか

2017 11/10 12:24Mimu
横浜スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Haruakibay

今シーズン9番ショートに定着した倉本寿彦

2017年シーズン、2年連続のAクラス入りを果たした横浜DeNAベイスターズ。チームを率いたアレックス・ラミレス監督の采配は、本当に面白いものばかりであった。
特に彼の采配を象徴する選手といえば、倉本寿彦だろう。開幕直後は極度の不振であったものの、5月4日から9番ショートで起用されると、徐々に打撃が復調。結局シーズン終了までほぼ全試合で9番に座り(6月14日のロッテ戦のみ6番に復帰)、チームの勝利に貢献した。

定着する以前までの倉本の成績は、27試合で打率.202(94-19) 4打点というものだったのだが、9番に座って以降は116試合で打率.276(413-114) 2本塁打46打点と、比べ物にならないほどよくなった。
特に打点に関していえば、ポイントゲッターとなる6番でシーズンのほとんどを過ごした昨年に比べても、10打点以上多くなっている。

もともとは4月14日に打撃の良いジョー・ウィーランド(今シーズン3本塁打)を生かすために、1試合だけ8番・ウィーランド、9番・倉本として起用されたのだが、5月以降は投手に関わらず9番に倉本を起用し続けた。
クライマックス・日本シリーズでも、結局この打順は変わらないままだ。しかし、いまだ9番・倉本について疑問を持っているファンも少なくはないかと思う。今回は、この起用法の有用性について、検証してみよう。

9番・倉本のメリットとは

この9番・倉本のメリットは2つある。
攻撃が8番投手のところで途切れてしまったとしても、9番倉本から上位につながる打線で得点を狙うことが出来という点、そして7番に俊足の打者を置くことで、7番出塁→8番投手バント→9番倉本で返すことができるという点だ。

今シーズン、ラミレス監督は梶谷隆幸を2番で起用していた。梶谷には長打があるため、初回から1番・桑原将志が出塁した場合、バントをせずとも長打で得点を狙っていくことも出来る。
梶谷自身でチャンスメークしてクリーンナップにつなぐということも可能だ。そして、そこへさらに9番・倉本を置くことで、倉本‐桑原‐梶谷と繋ぐこともできる。倉本が疑似的に1番打者のような役割をはたすことに期待した打線だ。

さらに当初は7番に石川雄洋のような足の速い打者を置き、7番出塁→8番投手がバント→倉本で返すというパターンも期待していた。7番打者に足があれば、バントする投手のプレッシャーも減り、よりよい形で倉本に回る。これがこの打順の大きな狙いであった。

おすすめの記事