「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

影のMVP?抜群の勝負強さでチームを救ったカープ・松山竜平

2017 11/10 12:24Mimu
広島東洋カープ、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
このエントリーをはてなブックマークに追加

カープのピンチを救った男、松山竜平

8月23日、カープに最大の危機が訪れた。今まで4番を務めてきた鈴木誠也が守備の際に足を痛めてしまい(後日、右脛骨内果の剥離骨折と判明)、さらにこの試合も梶谷隆幸のタイムリーツーベースでサヨナラ負け。
実はこの前日にも筒香嘉智・ロペス・宮﨑敏郎の3者連続ホームラン、翌日にも倉本寿彦のタイムリー内野安打でサヨナラ負けを喫しており、なんと3日連続のサヨナラ負け。チームには最悪の状態であった。

だがとんでもない勝負強さで、重苦しい雰囲気を吹き飛ばした男がいる。そう、松山竜平だ。8月25日にシーズン初の4番に座って以降、打率.395(81-32) 5本塁打 25打点と大暴れ。得点圏打率に至っては.452という数字を残している。
9月までチームが失速することなく優勝まで駆け抜けることができたのは、彼の存在が非常に大きいだろう。

9月以降発揮された抜群の勝負強さ

9月からの松山の活躍は、本当に素晴らしかった。1日のヤクルト戦(神宮)で3安打2打点と活躍を見せると、2日のヤクルト戦で決勝点となる2点タイムリー。さらに3日の試合では4番に座って初のホームランを放ち、3試合連続で4番の役目を果たした。

さらに5日の阪神戦(マツダスタジアム)では、先制ツーランを含む2安打3打点。鈴木誠也離脱以降、2位から猛追をかけていた阪神を突き放す1発であった。9日の中日戦(ナゴヤドーム)ではスリーベースを含む4安打4打点を記録すると、翌10日の試合では2点ビハインドから同点ツーランホームラン。
これで4番に座ってから3本目のホームランだ。チームも1日から10日まで破竹の9連勝。一気に優勝へ向かう。

おすすめの記事