「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本で最もポピュラーな変化球?スライダーを投げる投手は誰がいる?

2017 12/24 11:07cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by RCPPHOTO/shutterstock.com

プロ野球中継を見ていると必ずと言っていいほど耳にする球種「スライダー」。 そのスライダーを決め球として使用している選手には誰がいるのだろうか? 今回はスライダーの使い手を紹介する。

現在のプロ野球界で最も多い変化球?スライダーとは?

2017年現在のプロ野球において最も多くの投手が使用しているであろう変化球がスライダーだ。
トップスピン、サイドスピンと2種類の回転がかかり、利き腕と逆側に変化して落ちるのがスライダーだ。高速スライダー、縦スライダー、スラーブ、スラッターなど、変化の大きさや球速によって分類される。
しかし、スライダーに限らず、変化球は投手の申告によるものも大きく、投手が「これはスライダーです」といえばスライダーに分類されるのだ。

メジャーに移籍後もやっぱりスライダー!前田健太選手

2006年にPL学園高校からドラフト1位で広島東洋カープへ入団。以降、エースの道を歩み、2016年シーズンからメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースへと活躍の場を移した前田健太選手。その前田選手の一番の武器はスライダーだ。
日本で最後のシーズンとなった2015年には全投手の中で一番多くスライダーを投げるなど、前田選手といえばスライダーのイメージが定着している。その投球割合はメジャーリーグに移籍後も変わらず、2016年シーズンはストレートとスライダーをほぼ同じ割合で投じていた。この2球種で全体の60%ほどを占めている。
今後もスライダーを武器にメジャーリーグで多くの実績を積み重ねることに期待がかかる。

おすすめの記事