「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

さまざまな角度から見る、オリックス・安達了一の守備力の高さ

2017 10/13 10:05Mimu
野球ボール,グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

隠れた守備の名手、オリックス。安達了一

パリーグゴールデングラブ賞の遊撃手部門は、2013年から4シーズン連続でホークスの今宮健太選手が受賞している。広い守備範囲に強肩を生かしたあの守備は、誰の目から見ても素晴らしい。だが野球通の間では、この選手がゴールデングラブ賞を取れないのはもったいないと評されている選手がいる。オリックスバファローズの安達了一選手だ。

抜けたと思った打球が、次の一瞬にはアウトになっている。まるで魔法を見ているかのようだ。派手さはないが、守備範囲の広さでは今宮選手以上のものを持っている。今回は、この隠れた守備の名手である安達選手について紹介していこう。

UZRから見る安達了一の守備

安達選手の守備の凄さを語るのであれば、UZRという指標を使うのがもっとも分かりやすい。これは「同ポジションを守る他球団の選手たちの平均と比べて、どれだけ守備で失点を減らしたか」という指標である。
例えばUZRが+10であれば、同ポジションの平均的な守備力を持つ選手に比べ、守備で10点を防いでいるということになる。反対に-10という数字が出ていれば、失点を10増やしてしまっているということだ。UZRは「範囲」「併殺」「失策」にそれぞれ得点のプラスマイナスを着け、その合計で算出される。

今回は安達選手のUZRや今宮選手のUZR、あるいは他のショートの選手たちのUZRを紹介してく。まずは安達選手が初めて1年を通してレギュラーに定着した、2014年の数字から見ていこう。

2014年
・安達了一 UZR:22.2 (範囲:22.6 併殺:-2.1 失策:1.7)
・今宮健太 UZR:17.8 (範囲:15.0 併殺:-3.6 失策:1.9)

両者ともに素晴らしい数字を誇っているが、やはり安達選手の方がワンランク上の数値を残していることがわかる。ちなみにこの年は安達選手が12球団で1位、今宮選手が12球団2位の数字だ。

おすすめの記事