「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1990年代後半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 9/13 14:03cut
野球,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年:控え捕手として現役を全うした鶴岡一成選手

各球団2名までの逆指名が認められていた1995年のドラフト会議。注目を集めていたのは逆指名が可能な大学生、社会人ではなく高校生だった。PL学園高校の福留孝介選手だ。高校生としては史上最多となる7球団が入札。抽選の末に近鉄バファローズが交渉権を獲得したが、意中の球団ではなくプロ入りを拒否。日本生命へと進んでいる。

また、中日ドラゴンズは荒木雅博選手、福岡ダイエーホークスは斉藤和巳選手と後の中心選手を指名している。

この年に下位指名から飛躍を遂げたのは鶴岡一成選手だ。鶴岡選手は横浜ベイスターズから5巡目指名を受けプロ入り。高卒捕手ということもあり一軍デビューは5年目の2000年と時間がかかった。しかし、そこから息の長い活躍を見せ巨人、DeNA、阪神の控え捕手として活躍。一度も規定打席に到達することはなかったが、2016年まで現役生活を続けていた。貴重な控え捕手としての役割を全うしたのだ。

1996年:守備の名手小坂誠選手はドラフト5位!

各球団2名までの逆指名が認められていた1996年のドラフト会議。この年はアトランタオリンピックが開催された年でもあり、その日本代表メンバーが中心となっていた。主なところでは井口忠仁(現・資仁)選手、松中信彦選手が福岡ダイエーホークスを逆指名。谷佳知選手はオリックス・ブルーウェーブを逆指名し入団に至っている。

また、日本ハムファイターズ3位指名で小笠原道大選手、西武ライオンズ4位で和田一浩選手が入団。後のプロ野球界を引っ張っていくことになる選手達がドラフトにかかっている。

上位陣に大物選手が揃っていた年ではあったが、下位指名からもブレイクを果たした選手は存在する。千葉ロッテマリーンズ5位の小坂誠選手がそのひとりだ。俊足を武器とし広大な守備範囲を誇った小坂選手。1年目から全試合に出場し新人王を受賞。2年目には盗塁王を獲得するなどレギュラーに定着した。また、その守備範囲は一部熱狂的なファンから「小坂ZONE」と呼ばれたほどだった。

また、日本ハムは7位で高橋信二選手を指名。晩年は捕手から一塁にコンバートされたが日本ハム、巨人、オリックスの3球団で2014年まで息の長い活躍を果たしている。

おすすめの記事