「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新天地で才能開花!?トレードで大田泰示はどう変化した

2017 9/13 14:03Mimu
ホームラン
このエントリーをはてなブックマークに追加

未完の大器が新天地で才能開花!?

2017年シーズン、何度この男の名前を聞いたことだろう。大田泰示は、2016年シーズンオフに読売ジャイアンツからトレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍してきた選手だ。恵まれた身体応力を持ち合わせていたため、巨人時代は毎年のように期待されていたものの、なかなかその才能が花開くことがなくずっと巨人ファンをヤキモキさせていたのだ。野球に対しては真摯に打ち込んでおり、どこか愛嬌があったのでファンからの人気は高かったが、プレーでファンを沸かせる機会はあまり多くなかった。

広島県出身ながら、原辰徳さんにスイングを褒められたことで、同氏の母校である東海大相模へと進学。1年生の秋から原さんの現役時代と同じ「4番サード」のレギュラーを獲得し、田中広輔選手(広島東洋カープ)と三遊間を組みながら、後に巨人でもチームメイトとなる菅野智之選手の後ろを守っていた。そして高校通算65本塁打の実績を引き下げてドラフト1位で巨人へと入団。背番号は松井秀喜さんが着けていた55を与えられ、大きな期待を寄せられていた。

誰もが認める身体能力を持ちながらも結果が出せなかった巨人時代

プロに入ってからニ軍では毎年のようにタイトル争いに関わるものの、一軍投手には全く対応できず、三振の山が積み上げられるばかりであった。2012年にはプロ初ホームランを放ち、さらにその翌日には2号を放つなどパワーに関しては誰もが認めていた。外野手にコンバートされてからは守備もある程度計算できるようになり、一軍にいる期間も長くなった。それでもレギュラーとして活躍した時期はほとんどない。巨人在籍中の8年間で、225試合に出場し、通算打率は.229、放ったヒットはちょうど100本、ホームランは9本、そして三振は139個。未完の大器のまま、日本ハムへとトレードされた。

このトレードのニュースが入ってきたとき、衝撃を受けたという方も少なくはないだろう。巨人からは大田選手と若手左腕の公文克彦選手、そして北海道日本ハムファイターズからは吉川光夫選手と、右の若手外野手の石川慎吾選手のトレードされた。吉川選手といえば、2012年には14勝5敗 防御率1.71の成績でMVPを獲得したこともある選手だ。近年はなかなか結果が出せていなかったとはいえ、それほどの実績を持った選手がまさかのトレードで移籍するということを受け、ファンの間では大きな衝撃が走った。

おすすめの記事