「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【パ・リーグ】2017年シーズンにブレイクした選手は誰だ!?

2017 10/13 10:05cut
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

「未完の大器」からの脱却!大田泰示選手

読売ジャイアンツからトレードで北海道日本ハムファイターズへと移籍した大田泰示選手。2008年ドラフト1位で東海大相模高校から巨人に入団。その当時から身体能力が高く、大田選手は「未完の大器」と呼ばれ続けていた。
巨人では年間を通して活躍したことがなく、8年間で225試合、打率.229(436打数100安打)、9本塁打、40打点と今ひとつ。ドラフト1位としては物足りない成績に終わっていた。

しかし、日本ハムに移籍した当初から栗山英樹監督に「なんで、活躍できないかがわからない」と言わしめたほどの素材でもある。開幕からレギュラーとしての起用を期待されたが、オープン戦で故障。一軍昇格は4月下旬だった。

一軍昇格後はほぼ、スタメンで起用され続け巨人時代の8年間で記録した8本塁打を更新し、二桁本塁打を達成している。また、古巣巨人との交流戦では3試合で打率.700(10打数7安打)、2本塁打、2打点と大暴れ。強烈な恩返しを見せてくれた。

入団当時は松井秀喜選手の背負っていた背番号「55」を与えられた大砲候補だった大田選手。9年目にして「未完の大器」から脱却したようだ。2018年シーズンは開幕からの活躍を期待したい。

「おかわり君2世」こと山川穂高選手

埼玉西武ライオンズだけでなく、日本球界が誇るホームランアーティストでもある「おかわり君」こと中村剛也選手。その中村選手と風貌、フォームがそっくりなのが山川穂高選手だ。山川選手は2013年ドラフト2位で富士大学から西武へ入団した。

1年目から二軍で本塁打を量産し21本塁打で本塁打王に輝くと、シーズン終盤に一軍でも初本塁打を放っている。しかし、一軍では打率.100(30打数3安打)、2本塁打、9打点と結果を残すことはできなかった。
2016年には自己最多の49試合に出場し打率.259(139打数36安打)、14本塁打、32打点と少ない試合数ながら本塁打を量産。2017年シーズンへの期待が持たれていた。

迎えた2017年シーズンは、開幕一軍入りを果たしたものの5月に登録抹消。二軍調整後再昇格した7月以降にブレイクを果たした。8月は打率.326(92打数30安打)、9本塁打、28打点の成績で月間MVPを受賞。打順も6番から主軸である5番、4番へと変更になった。「おかわり君」が不調で苦しむ中で「おかわり君二世」がチームを引っ張っている。

おすすめの記事