「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新人王最有力!中日・京田陽太の成長スピードの秘密とは

2017 9/13 14:03Mimu
野球,ボール,グローブ,バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

新人ながら不動のリードオフマンに

2017年シーズン、中日ドラゴンズのルーキーが躍動している。京田陽太選手、青森山田高校から日本大学を経て、入団してきた選手だ。今季はこの選手が、ドラゴンズのショートに定着している。シーズン当初は2割に満たない打率であったが、5月から一気に当たり始め、2割8分前後まで打率を上げてきた。横浜DeNAベイスターズの濱口遙大選手と並び、セリーグの新人王候補だ。
一体なぜ、これほどまでのハイペースで成長していけるのだろうか。開幕当初とはまるで別人のようだ。今回は京田選手の成長の秘密について迫ってみよう。

意外?まず結果が出たのはバッティング

京田選手がレギュラーを確固たるものとしたのは、意外にも打撃でのアピールだった。オープン戦から打撃好調をアピールすると、99年の福留孝介選手(現:阪神タイガース)以来の新人開幕スタメンの座を獲得。4月終了時点では打率が.198しかなかったが、5月には.323、6月にも.326と大幅に上げ、3割目前まで打率を上げてきた。1番打者としては出塁率が物足りないが、ルーキーとしては十分すぎるだろう。

この打撃向上の理由には、もちろんプロの球に慣れたということもあるだろうが、ここ数ヶ月だけでも大きな変化が見られている。体重移動の仕方を工夫して強い打球を打てるようになったり、体の開きの早さを修正して緩急にも対応できるようになった。
足の速い選手にありがちな当てるだけのバッティングをせず、しっかりとボールをとらえることができている。バッティング練習でも、速い球と遅い球を交互に投げてもらっているそうだ。もともと大学時代から、バッティングに大きなクセがなかったため、コーチ陣からの指導をすさまじいスピードで吸収力していっている。大島洋平選手からアドバイスがもらえているのも大きいようだ。

そして、走塁面でも存在感を放っている。盗塁数はセリーグでも2位の16個、さらに2塁打12本、3塁打5本にいたってはセリーグでもダントツの数字だ。実際に京田選手の走塁を見てみるとわかるが、とにかく速い。少し打球に目をやった瞬間には、もう次の塁へと向かっているのだ。打撃と走塁が一体になったスピード感のある攻撃、なかなかルーキーにできるようなものではない。

おすすめの記事