「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

山口高志選手が注目を浴びた1970年代前半ドラフトを振り返る

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

1970年:「小さな大打者」若松勉選手がヤクルト3位で入団

1970年、第6回目のドラフト会議。前年(1969年)は甲子園のアイドルこと太田幸司選手(三沢高→近鉄)、「荒川事件」に発展する荒川堯選手(早稲田大→大洋)といった話題の選手がおり、指名後も話題に事欠かなかったが、この年は無風に近かった。

ドラフト1位で最も実績を残したのは、広島の佐伯和司選手だ。広陵高校から広島へ入団した佐伯選手は先発として活躍。1975年のチーム初優勝時も15勝を挙げるなどローテーションの柱へと成長する。その後、1977年にトレードで日本ハムに移籍。現役最終年に再び広島に戻り通算88勝(100敗)をマークするなど302試合に登板を果たしている。

ヤクルトは3位で電電北海道の若松勉選手を獲得。「小さな大打者」と呼ばれ通算打率.319(6808打数2173安打)をマークし、監督としても日本一に輝いた。若松選手の背負った背番号「1」は永久欠番とならず、チームを代表する選手に受け継がれ背負った選手は「ミスタースワローズ」と呼ばれている。

西鉄(現西武)2位で伊原春植(現春樹)選手、東映(現日本ハム)8位で佐々木恭介選手(入団拒否)といった後の監督経験者も指名されているが、後に大物と呼ばれる選手は若松選手ただ一人となった。

1971年:下位指名から小林繁選手ら後の主力が!

1971年のドラフトも前年(1970年)同様に大物不在だった。唯一、慶應義塾大学の松下勝実選手が注目を浴びていたものの、ドラフト前から「社会人志望」を打ち出していた。そのために強行指名する球団はなく、予定通りに松下電器へと進んでいる。

前年のドラフトで東映から8位指名されたものの、入団を拒否した佐々木恭介選手が近鉄から1位指名を受け入団。10年間の現役生活で1036試合に出場し883安打を記録し後に近鉄の監督にもなっている。

近鉄が佐々木選手に次いで指名したのは、現在楽天の監督を務めている梨田昌崇(現昌孝)選手だった。梨田選手は近鉄で17年間現役を務め、その後、近鉄、日本ハム、楽天で監督を務めている。ドラフト3位でロッテが弘田澄男選手、広島が永射保選手と長きにわたり活躍した選手を指名。また、下位指名では巨人が小林繁選手(6位)、ヤクルトが安田猛選手(6位)といった後のウェースクラスが下位指名でプロ入りを果たした。

また、ヤクルトから3位で指名された尾崎健夫選手はジャンボ尾崎こと尾崎将司選手の弟でもある。甲子園出場は果たせなかったが徳島県では注目を浴びて板存在だった。しかし、兄と同じくプロゴルファーを目指すために入団を拒否している。

おすすめの記事