「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鮮烈な日本デビューを飾った中日・ビシエド選手

2017 8/25 10:07cut
basseball、シカゴ・ホワイトソックス
このエントリーをはてなブックマークに追加

米国市民権取得手続きで一時離脱

2016年シーズンにまずまずの成績を残し帰国したビシエド選手。1年契約だったことから2017年シーズンの所属チームは不透明だったが、中日と再び契約。日本で2年目のシーズンも中日でプレーすることとなった。

1年目同様に開幕から4番を任されるも、序盤は不調。前年に月間MVPを受賞した4月は打率.223(103打数23安打)、2本塁打、7打点に終わっている。しかし、5月に入るとあたりを取り戻し打率.341(88打数30安打)、8本塁打、25打点と復調。昨年同様に成績の波の荒さが顕著となった。

そのビシエド選手は交流戦終盤から、米国での市民権取得手続きを行うために一時渡米。当初は手続きを済ませて即帰国する予定だった。しかし、手続きがうまく進まず2週間以上も足止めを食らうことになる。休みが長引くとチームに迷惑が掛かると判断したビシエド選手はオールスターゲーム前に来日。後半戦の開幕から試合に出場する意欲を見せた。

日本で暮らす日本人には馴染みの薄い問題ではあるが、キューバ出身のビシエド選手にとって米国での市民権取得は家族を含めて大きな問題だ。プレー面以外の問題をクリアし、チームに貢献してくれることを期待したい。


《関連データ》中日ドラゴンズ 野手データ


《関連記事》中日ドラゴンズの歴代外国人を振り返る!

おすすめの記事