「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2010年本塁打王の復活!Tー岡田選手

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール、バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

浪速の四天王と呼ばれた高校時代

大阪府出身の岡田貴弘選手(登録名:T-岡田)は大阪府の名門である履正社高校へ進学。1年夏から4番打者としてチームを引っ張っていた。高校生活では甲子園出場を果たすことはできなかったものの、全国的に名前が知られる存在でもあった。
ドラフト情報誌などでは履正社高・岡田選手、大阪桐蔭高・辻内崇伸選手(元巨人)、平田良介選手(中日)、近大附属高・鶴直人選手(元阪神)らとともに「浪速の四天王」と注目を浴びる。また、岡田選手はスラッガータイプだったこともあり、松井秀喜選手(元ヤンキース)になぞらえ「浪速のゴジラ」とも呼ばれていた。

2005年のドラフト前にプロ志望届を提出し、ドラフト会議に臨んだ岡田選手。高校生ドラフトでは辻内選手の抽選を外したオリックス・バファローズが岡田選手を指名。ハズレではあるが1位指名でプロ入りを果たすことになる。

平田選手、鶴選手も中日、阪神にそれぞれ1位指名されており、「浪速の四天王」はそろってドラフト1位指名選手としてプロの世界で戦うことになったのだ。

プロ入りを果たした岡田選手は1年目となる2006年に3試合ではあるが一軍デビュー。プロ初安打も放っている。期待をされていたものの、2007年、2008年と2年間は二軍暮らしが続き、一軍での出場機会には恵まれなかった。

登録名を変更した2010年に本塁打王獲得

T-岡田選手は、本名の「岡田貴弘」から「T-岡田」へと登録名を変更した初年度となる2010年にブレイクを果たす。前年の2009年はプロ初本塁打を放つなど43試合に出場したが、打率.158、7本塁打、13打点と確実性に欠けていた。

心機一転臨んだ2010年は、開幕戦で6番・一塁として先発出場。しかし、2打席連続三振などノーヒット。続く2戦目も4打数ノーヒットと安打が出なかった。開幕3戦目の第1打席で初安打を記録するも11打数1安打と結果を残せずスタメンを外れてしまう。

3月30日の日本ハム戦から3試合連続で本塁打を放つなど、調子を上げたかに見えたが打率は伸び悩んだ。4月中は打率1割台から2割前半を行き来する。5月に入ると負傷で一時、二軍落ちを経験したが、14試合で打率.404(52打数21安打)、4本塁打、14打点と覚醒。6月に調子を落としたものの交流戦でMVPを獲得。初めてオールスターゲームにも出場を果たした。

7月、8月に2カ月連続で打率.300をマークし、シーズンを通して129試合に出場し打率.284(461打数131安打)、33本塁打、96打点の成績を残し本塁打王に輝いた。2016年終了時点でTー岡田選手にとって唯一の打撃タイトルとなっている。

おすすめの記事