「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中継ぎから先発へ転向し結果を残す!美馬学

2017 8/25 10:07cut
野球、ボール、グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

横綱・稀勢の里関と同郷!

茨城権取手市出身の美馬学選手は、中学校時代には第72代横綱である稀勢の里関とも親交があった。稀勢の里関は中学時代に軟式野球を行っており、対戦経験もあるという。現在は互いにLINEを送り合う仲だ。

高校は地元の藤代高校へ進学するも甲子園出場はならなかった。その後、中央大学へと進学したが、一部リーグでは2試合のみの登板で未勝利。二部リーグでは27試合に登板し4勝4敗の成績を残している。また、4年春は二部ではあるものの、10試合に登板し21.2回を投げ防御率1.68で優勝に貢献。MVPを獲得している。しかし、その後大学生活で2度目の手術を経験。安芸のリーグ戦でも1試合のみの登板に終わっている。

プロ志望届は出さずに社会人野球の東京ガスへと入社。榎田大樹選手(現阪神)とチームメートとなった。東京ガスでは榎田選手が先発、美馬選手がクローザーとして活躍。美馬選手は都市対抗野球でも2年間で4試合に登板し4.1回を投げ、被安打0、奪三振5、防御率0.00の成績を残している。

ドラフト解禁年となった2010年のドラフト会議では榎田選手が阪神タイガースに1位指名され、美馬選手が東北楽天ゴールデンイーグルスに2位指名を受けた。東京ガスの2枚看板が揃って上位指名でプロ入りを果たしたのだ。プロ投手2人が抜けた東京ガスではあるが、翌年には石川歩選手(現ロッテ)が入社するなど好投手の循環は続いている。

中継ぎから先発へ転向した2年目のシーズン

2010年ドラフト2位で楽天へと入団した美馬選手。ルーキーイヤーとなった2011年は開幕から中継ぎとして起用され、6月までで23試合に登板。2勝1敗、5ホールド、防御率3.08の成績を残す。しかし、ヒジを痛め登録を抹消されリハビリに専念。一軍での登板は6月29日以降なくシーズンを終えている。

2年目のシーズンとなった2012年は中継ぎから先発へ転向。中継ぎで毎日投げるよりも、先発として週に1回投げる方がヒジへの負担が少ないことからである。星野仙一監督が美馬選手へとアドバイスを送ったことによりこれが実現した。

先発となった美馬選手は二軍で調整後に一軍へ昇格。年間を通じて23試合(22先発)で8勝10敗、154.2回を投げ防御率3.08をマーク。二ケタ勝利には届かなかったものの、転向1年目で規定投球回に到達し田中将大選手(現ヤンキース)の10勝に次ぐ勝ち星を挙げている。

翌2013年シーズンは開幕ローテーションに入り5月下旬までローテーションを守り4勝(3敗)をマークするなど、自身初となる二ケタ勝利への期待が高まった。しかし、ヒジの痛みで2度の登録抹消があり6勝(5敗)に終わっている。

おすすめの記事