「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・リーグ独自のルールを知って観戦を楽しむポイント

2016 7/20 10:28
ナイター 球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

セ・リーグ独自のルール:日本シリーズのみにDH制を採用

セ・リーグに例外的に適応されるために独自ルールとなると言えるのが、日本シリーズに限定されたDH制の採用です。
DH制とは指名打者制度のことで、指名打者となった打者が投手の打席時に限って代わりに打者として打席を担う制度ですが、この制度が適応されているのは日本ではパ・リーグのみでセ・リーグにはこうした制度はありません。
従って公式戦は全て投手も打席に立つのですが、例外があります。それが日本シリーズに出場したセ・リーグチームが相手パ・リーグチームのホーム球場において試合を行う場合です。 この場合の試合に限り、セ・リーグチームもDH制を取り入れるルールになっています。
そのため、セ・リーグ公式戦では絶対に見られないDH制が見られる絶好の機会となりますので、誰が指名打者として登場するか予測しながら観戦できるという楽しみが得られます。

セ・リーグ独自のルール:守備位置の変更は自由

セ・リーグだけのルールと言えるのが「守備位置の自由な変更が可能」というルールです。
正確に言えばパ・リーグでも一応可能なのですが、パ・リーグには「DH制」があり、DH制を試合の最後まで機能させるには守備位置の変更が制約されます。ところがセ・リーグにはDH制がないため、一切制約を受けずに野手や投手の守備位置を自由に変更することが可能です。
高校野球では比較的よく見られる光景ですが、例えば投手を一時的に休息させる目的で投手もできる外野手などと数イニングだけ守備位置を交換し、再び野手から投手として復帰させること等も可能なのです。
プロ野球では守備位置の分業制が確立していますのでそのような機会は滅多にありませんが、それだけにそうした機会にもし遭遇できれば、観戦もよりエキサイトしますよね。

まとめ

以上セ・リーグ独自のルールを紹介してきましたが、同じプロ野球でありながら試合運びにかなり影響を与える大きな独自ルールもあることにお気付き頂けたと思います。
こうした独自ルールを理解した上で観戦すれば、今までとは違った角度からセ・リーグの試合を楽しむことができます。

以上「セ・リーグ独自のルールを知って観戦を楽しむポイント」でした。

おすすめの記事