「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神は防御率1.74と初顔合わせに強い伊藤将司が先発 ヤクルトはエース小川泰弘で連勝狙う

2021 9/8 11:00SPAIA編集部
9月8日の予告先発インフォグラフィック,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

初顔合わせに強い伊藤将司

9月8日の予告先発インフォグラフィック


甲子園で行われている首位・阪神と3位・ヤクルトの3連戦。昨夜の初戦はヤクルトの投打がかみ合った。主軸の山田哲人をスタメンから外すなど、采配がズバリ的中。先発の奥川恭伸も7回2安打無失点の好投で12―0と圧勝した。

連敗は避けたい阪神は、今日ルーキーの伊藤将司が先発する。ここまで15試合に先発して7勝6敗、9QS(6回以上自責点3以下)、規定投球回には未達ながら防御率はリーグ5位相当の2.85を記録するなど、先発としての役割を十二分に果たしている。

前回登板した1日の中日戦では、7回を88球でまとめ1失点。テンポの良い投球で中日打線を4安打に封じ、7勝目を手にした。そこから中6日での登板となる。

ヤクルトとは今日が初対戦。ここまで楽天、ソフトバンク、西武と対戦した交流戦を含め、7チームを相手に登板しているが、初対戦では4勝2敗、防御率1.74と好投している。また、今日勝てば、新人では2013年の藤浪晋太郎以来となるセ・リーグ5球団からの勝利となる。

チームは昨夜の敗戦でヤクルトに2.5差に迫られた。この大事な一戦でも持ち味を発揮し、連敗阻止に貢献したいところだ。

カード勝ち越しへエース小川が先発

一方、ヤクルトの先発は小川泰弘。今季は15試合に先発して7勝(3敗)を挙げるも、防御率4.15、8QS(6回以上自責点3以下)と、エースとしては物足りない数字が並ぶ。

阪神相手には今季2試合に先発して0勝1敗、防御率10.57と目を覆いたくなる成績だが、奪三振率9.39、与四球率2.35と投球内容は悪くない。前回対戦した4月18日の試合で2回8安打を浴び、6失点でKOされた。今回はその雪辱を果たしたい。

後半戦初登板となった8月31日の巨人戦では、3.2回71球7安打4失点。約2か月ぶりの先発を白星で飾ることはできなかった。新型コロナウィルス感染による離脱の影響からか、まだ本調子ではないのかもしれないが、なんとか先発としての役割を果たしたい。エースとして意地の投球を見せられるか。

その他の試合の予告先発は以下の通り。

【セ・リーグ】
DeNA・大貫晋一-巨人・山口俊(横浜スタジアム)
広島・玉村昇悟-中日・松葉貴大(マツダスタジアム)

【パ・リーグ】
日本ハム・上沢直之-楽天・瀧中瞭太(札幌ドーム)
西武・ニール-ソフトバンク・千賀滉大(メットライフドーム)
オリックス・山﨑颯一郎-ロッテ・二木康太(ほっともっと神戸)

【関連記事】
プロ野球AI勝敗予想
阪神首位奪還の陰の立役者・小川一平&岩貞祐太が魅せた「エグい1球」と「猛烈な勝ち運」
脱・二軍の帝王 ヤクルト・塩見泰隆が狙うリーグ13年ぶりの記録とは

おすすめの記事