「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大谷翔平とダルビッシュ有の「メジャー1年目」を比較 奪三振率は大谷に軍配

2018 11/7 07:00SPAIA編集部
大谷翔平,ダルビッシュ有,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

大谷翔平とダルビッシュ有の「メジャー1年目」

投手・大谷翔平のメジャー1年目は右ひじ靱帯損傷により、シーズンを通した活躍はできなかったが、少ない登板機会で大きなインパクトを残した。印象的だったのは奪三振の多さだ。100マイルのストレートと高速スプリットを中心とする投球で三振の山を築きあげた。

奪三振といえば、ダルビッシュ有が大リーグを代表する能力の高さを持っている。現在、大リーグでは田中将大、前田健太も先発投手で活躍しているが、タイプとしてはダルビッシュが大谷と近い存在になるだろう。

元・日本ハムの背番号「11」である両投手。投手大谷のメジャーデビューはダルビッシュと比べてどうだったか。いくつかの指標で2人のメジャー1年目を比較する。

大谷翔平VSダルビッシュ有成績

ⒸSPAIA

おすすめの記事