MLB最速10,000勝、サンフランシスコ・ジャイアンツの永久欠番|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

MLB最速10,000勝、サンフランシスコ・ジャイアンツの永久欠番


MLB,サンフランシスコ・ジャイアンツ

Photo by Joseph Sohm / Shutterstock.com

MLBナショナルリーグの名門サンフランシスコ・ジャイアンツをご存知の方は多いかもしれない。リーグ優勝23回はナショナルリーグ最多を誇り、メジャー最速で10,000勝も達成した。ここでは、そんなサンフランシスコ・ジャイアンツのプロフィールと、主だった永久欠番選手を紹介しよう。

日本人メジャー1号も在籍

サンフランシスコ・ジャイアンツはナショナルリーグ西地区に所属するチームだ。設立は1882年と古く、地区優勝8回、リーグ優勝23回を数え、ワールドシリーズ制覇が8回もある、メジャーリーグきっての名門チームだ。2005年にはメジャー球団最速で10,000勝に到達した。
過去には日本人選手も多く、メジャー1号となった村上雅則投手、ワールドシリーズ出場1号となった新庄剛志選手、青木宣親選手なども在籍した。
2016年は西地区2位ながらワイルドカードでプレーオフに進み、ディビジョンシリーズで姿を消した。

「背番号NY」永久欠番NYって?クリスティ・マシューソン投手

クリスティ・マシューソン投手は、1900年から1916年の途中までを、当時のニューヨーク・ジャイアンツで過ごしている。入団2年目の1901年には20勝、1903年には30勝を挙げた。以降は12年連続20勝以上を挙げ、30勝以上も4度達成した。
特に1908年の成績は素晴らしく、56試合に登板して先発44回で完投が34度、完封が11度もあった。勝利数37、投球回数390.2、三振259個、防御率1.43とすべてリーグ1位の成績だった。
1936年野球殿堂入りした最初の5名に名を連ね、サンフランシスコ・ジャイアンツからは、永久欠番として顕彰された。しかし当時はまだ背番号がない時代で、当時のニューヨーク・ジャイアンツからNYの2文字をとり欠番としたのだ。

「背番号24」4年連続盗塁王も獲得、本塁打王ウィリー・メイズ選手

ウィリー・メイズ選手はニグロリーグを経て、当時のニューヨーク・ジャイアンツと契約、1951年メジャーデビューを果たし、新人王に選ばれた。一時戦列を離れるが、1954年に復帰。以降1972年までをサンフランシスコ・ジャイアンツでプレーする。
1954年は本塁打41本、打率.345、打点110と打ちまくり、首位打者とリーグMVPを獲得した。本塁打は以降1968年まで20本以上を続け、その間4度の本塁打王に輝いた。ホームランバッターにしては足の方も速かったようで、盗塁王のタイトルも4年連続で獲得している。
現役22年間での本塁打数は660本で歴代5位、塁打数6066は歴代3位の記録だ。

「背番号27」ドミニカ共和国初の野球殿堂、フアン・マリシャル選手

フアン・マリシャル選手は、1960年サンフランシスコ・ジャイアンツでメジャーデビューを果たし、1973年までの14年間をジャイアンツでプレーする。ドミニカ共和国出身では、史上2人目の投手だった。
4年目の1963年に25勝を挙げ最多勝投手になると、1968年にも26勝を挙げ、2度目の最多勝を獲得する。1966年にも25勝を挙げており、戦後メジャーデビューを果たした投手で25勝以上を3度記録した2人目の投手となった。翌1969年には防御率2.10で最優秀防御率に輝いている。
現役16年間の通算成績は242勝142敗、防御率2.89を記録、ノーヒットノーランが一度ある。1983年には野球殿堂入りを果たすが、ドミニカ共和国出身選手では初の快挙だった。

「背番号44」マッコビー・コープの由来、ウィリー・マッコビー選手

ウィリー・マッコビー選手は、1959年サンフランシスコ・ジャイアンツでメジャーデビューを果たした。初年度から非凡さを見せ、52試合の出場ながら、打率.354で13本塁打を放ち、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出される。5年目の1963年には本塁打44本で本塁打王に輝いた。特に1969年の成績は素晴らしく、149試合に出場して、打率.320、打点126、本塁打45と本塁打、打点の2冠を獲得する。
22年間で521本の本塁打を放って歴代20位だが、満塁は18本と歴代5位の記録を残している。ジャイアンツの本拠地AT&Tパークの右翼はホームランがすぐに海に飛び込む構造で、その入江は、マッコビー・コープと呼ばれている。

まとめ

MLBサンフランシスコ・ジャイアンツの永久欠番選手を紹介した。古くからの名門チームらしく、背番号のない時代の選手も入っていた。ここ数年はチーム力も安定していて、2010年以降3回もワールドシリーズを制覇している。2017年も期待できそうなチームだ。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

関連記事

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!