「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

5年連続地区優勝、MLBフィラデルフィア・フィリーズの永久欠番選手

2017 7/10 10:25hiiragi
MLB,フィラデルフィア・フィリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Frank Romeo / Shutterstock.com

ナショナルリーグ中地区に所属する、フィラデルフィア・フィリーズをご存知だろうか。最近では2008年にワールドシリーズを制し、2007年から5年連続地区優勝を成し遂げたチームだ。ここではそんな、フィラデルフィア・フィリーズのプロフィールや永久欠番選手を紹介しよう。

アメリカプロスポーツ初の10,000敗

フィラデルフィア・フィリーズはナショナルリーグ東地区に所属するチームだ。創設は1883年と古く、ナショナルリーグの新規チーム募集に合わせてスタートした。しかし、当初から弱いチームで勝ち星は上がらず、初めてのリーグ優勝は1915年、ワールドシリーズ制覇は1980年だった。
2007年にはアメリカプロスポーツでは初めての10,000敗を記録している。地区優勝11回、リーグ優勝7回、ワールドシリーズ制覇が2回ある。2007年から5年連続地区優勝を勝ち取り、上位定着と思われたが、2014、15年は5位、2016年は4位と低迷している。

「背番号32」4,000奪三振、スティーブ・カールトン投手

スティーブ・カールトン投手は、1965年セントルイス・カージナルスよりメジャーデビューを果たし、1972年開幕前にフィラデルフィア・フィリーズへ移籍する。
初年度からフル回転で41試合に先発出場、リーグ最多の346.1回を投げ27勝10敗と結果を残した。この年は、310奪三振、防御率1.97、勝利数もリーグ最多で、初のサイ・ヤング賞を獲得する。
フィリーズには1986年のシーズン途中まで在籍、丸13年間プレーした。最多勝利4回、最多奪三振5回、サイ・ヤング賞4回はすべてフィリーズ時代に獲得している。キャリア24年間で329勝244敗、奪三振4136を残した。

おすすめの記事