「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リーグ最多の世界一 MLBセントルイス・カージナルスの永久欠番選手

2017 7/10 10:25hiiragi
MLB,セントルイス・カージナルス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo byFrank Romeo / Shutterstock.com

ポストシーズンの常連チーム、セントルイス・カージナルスをご存知の方も多いかもしれない。かっては田口壮選手が活躍してワールドチャンピオンに輝き、チームの勝利数は10,000勝にも到達している。ここではセントルイス・カージナルスの概容と、主だった永久欠番選手を紹介しよう。

弱小チームから強豪チームに定着

セントルイス・カージナルスは、ナショナルリーグ中地区に在籍するチームだ。創設は1882年と古く、ナショナルリーグに加盟したのは1891年だった。以降地区優勝13回、リーグ優勝19回を数え、ワールドシリーズ優勝はリーグ最多の11回を誇る。
当初は弱小チームだったが、1926年に初のリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズも制すると、強豪チームに変身、安定した成績を残してきた。近年でも、2011年~2015年まで連続プレーオフに進出して、2011年はワールドシリーズを制覇した。しかし、2016年は1勝足りずにワイルドカードに進出できなかった。

「背番号45」内角攻めの奪三振王ボブ・ギブソン投手

ボブ・ギブソン投手は、1959年セントルイス・カージナルスよりメジャーデビューを果たした。メジャーに定着したのは1961年だ。速球には威力があったもの、コントロールが悪く、1961年は166奪三振に対し119個の四球を与えている。しかしコントロールは徐々に改善され1968年には268奪三振に対して四球は62個に激減した。
17年全てのシーズンをカージナルスでプレーして、251勝174敗、奪三振3117個、四球は1336個与えた。奪三振は歴代14位、与四球は歴代26位の記録だ。内角攻めが得意で、危険な内角攻めを遠慮なくできるよう、相手バッターとは口を利かなかったそうだ。
最多勝1回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回のほかに、サイ・ヤング賞2回、MVP1回を獲得した。

おすすめの記事