「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヤギの呪いが解けた、MLBシカゴ・カブスの永久欠番選手

2017 7/10 10:25hiiragi
MLB,シカゴ・カブス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by FiledIMAGE / Shutterstock.com

2016年、108年ぶりのワールドシリーズ制覇で“ヤギの呪い”を解いたシカゴ・カブスを覚えているだろうか。2017年は上原浩治投手を獲得して、連覇への体制固めも着実に進んでいる。ここではそんなシカゴ・カブスのプロフィールと、チームを支えてきた永久欠番選手を紹介する。

久しぶりの優勝で本格復調なるか

シカゴ・カブスはナショナルリーグ中地区に所属するチームだ。設立は1971年と古く、一度も本拠地を変えていない。これまでに地区優勝は6回、リーグ優勝は17回を数え、ワールドチャンピオンには3度輝いている。しかし、リーグ優勝にまで進んだのはほとんどが1950年以前までの実績で、1950年以降は低迷期が続き、1970年代まではプレーオフにも進めなかった。
それでも、1980年代になると復調の気配を見せ、プレーオフに進出。そして2016年、待ちに待ったワールドチャンピオンの座を手に入れた。17回目となったリーグ優勝は71年ぶり、3回目となったワールドチャンピオンに至っては、実に108年目の快挙だった。

「背番号14」負け越しなのに2年連続MVP、アーニー・バンクス選手

アーニー・バンクス選手はニグロリーグなどを経て、1953年シカゴ・カブスでメジャーデビューを果たす。かって、黒人排斥を唱えていた、シカゴ・カブス初の黒人メジャーリーガーだった。翌年にはレギュラーに定着して19本塁打を記録すると、1955年には44本塁打を放ち注目を浴びる。
そして1958年になると、47本塁打に加え打点129で2冠を達成、MVPにも選出された。翌59年も45本143打点と打ちまくり、本塁打王は逃がすものの、打点王には輝き、2年連続MVPにも選ばれる。しかしこの2年ともチームは負け越していて、きわめて異例のMVPとなった。現役19年間を全てカブスで過ごし、512本塁打、1636打点を記録している。

おすすめの記事