「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

イチロー選手の次の目標MLBミネソタ・ツインズの永久欠番選手とは

2017 6/13 12:41hiiragi
ツインズ,ロゴ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Frank Romeo / Shutterstock.com

2000年代初期にはポストシーズンの常連チームだった、MLBミネソタ・ツインズを覚えているだろうか。映画『メジャーリーグ3』の敵役になったチームだ。2011年には西岡剛選手も入団して話題になった。ここではミネソタ・ツインズのプロフィールや永久欠番選手を紹介しよう。

最悪の最下位から浮上はできるのか

ミネソタ・ツインズは、アメリカンリーグ中地区に所属するチームだ。1901年アメリカンリーグ創設時、ワシントン・セネタースの名前で設立された。現在のミネソタ・ツインズに改名されたのは1961年で、60年も後になってからだ。
セネタース時代はそれほど強いチームではなかったが、リーグ優勝が3度あり1度はワールドチャンピオンに輝いている。ツインズになってからは、地区優勝10回、リーグ優勝3回で、ワールドチャンピオンには2度輝いた。2000年代初期は地区優勝の常連だったが、2011年から勢いは衰え、2016年は103敗を喫し、中地区最下位に沈んだ。

「背番号3」573本塁打ハーモン・キルブルー選手

ハーモン・キルブルー選手は、1954年ワシントン・セネタースよりメジャーデビューを果たす。しかし、最初の数年間は、これといった成績は残せなかった。ところが、1959年いきなり42本で本塁打王に輝くと、1962年には48本塁打、126打点で2冠を獲得、1969年にも同じく2冠を獲得した。
キルブルー選手は22年間のキャリアで21年間をミネソタ・ツインズでプレーする。その間に獲得したタイトルは、本塁打王6回、打点王3回で、1969年は地区優勝に貢献、MVPに輝いた。キャリア本塁打数573本は歴代12位の記録だ。

おすすめの記事