「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2632試合連続出場、MLBボルチモア・オリオールズの永久欠番選手

2017 6/13 12:41hiiragi
オリオールズ,選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aspen Photo / Shutterstock.com

アメリカンリーグ東地区に所属するボルチモア・オリオールズをご存知だろうか。上原浩治投手がメジャーで初めて所属したチームで、最近ではポストシーズンにもよく進出している。ここでは、ボルチモア・オリオールズのプロフィールや永久欠番選手を紹介しよう。

永久欠番選手の加盟が転機

ボルチモア・オリオールズは、アメリカンリーグ東地区に所属するチームだ。1901年アメリカンリーグ発足とともにミルウォーキー・ブルワーズの名前で参加した。ボルチモア・オリオールズを名乗ったのは、1954年からだ。
最初のころはたまに2位や3位に顔を出すものの、6位以下が指定席だった。それでも1944年には1度リーグ優勝は経験している。転機となったのは1966年のフランク・ロビンソン選手の移籍からだった。いきなり三冠王に輝き、チームをリーグ優勝、ワールドシリーズ制覇へと導く。
以降ワールドシリーズ制覇が3回ある。地区優勝は9回、リーグ優勝が7回あり、2016年はワイルドカードゲームまでは進出した。

「背番号4」退場回数97回アール・ウィーバー監督

アール・ウィーバー監督は、1968年のシーズン途中にボルチモア・オリオールズの監督に就任する。フルシーズンとなった1969年には地区優勝、リーグ優勝を飾り、ワールドシリーズでは破れるが、これより3年連続でワールドシリーズに出場する。そして翌70年にはシンシナティ・レッズを破りワールドシリーズを制覇した。
通算17年に及ぶオリオールズの監督歴で、地区優勝が6回、そのうち4回はワールドシリーズまで駒を進め、ワールドシリーズ制覇は1度だった。とにかく退場の多い監督で、通算退場回数は97回、ワールドシリーズでも退場を経験している。

おすすめの記事