「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018春のセンバツ】近畿地区出場校レビュー

2018 3/1 15:03mono
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

近江高(滋賀県)

3年ぶり5回目の出場となった近江高(滋賀県)。OBには今シーズン(2018年)2年目を迎える京山将弥(DeNA)がいる。昨秋の滋賀県大会では危なげなく勝ち進み、みごと優勝。滋賀県1位で近畿大会へと出場した。近畿大会では、初戦で日高高中津分校(和歌山県)を10-0と5回コールドでくだした。準々決勝では彦根東高(滋賀県)に4-3で競り勝ち、準決勝へ進出。この試合では、優勝した大阪桐蔭高(大阪府)に0-5と完封負けを喫したが7安打を放ち、投手陣も大崩れすることはなかった。

注目となるのは4番の北村恵吾だ。1年の夏(2016年)から4番を任されており、甲子園では初戦で敗退したものの4打数1安打。この秋の公式戦では打率.409(22打数9安打)と結果を残した。本塁打こそ出なかったが、4番としてチームを引っ張っている。2度目の甲子園では勝利に貢献する一打を放ちたい。

彦根東高(滋賀県)

9年ぶり4回目の出場となった彦根東高(滋賀県)。昨夏の甲子園では2回戦に進出し、2季連続の出場となった。選抜において前回出場の2009年は21世紀枠での出場だったため、秋季大会の成績で選抜されたのは1953年以来、65年ぶりとなる。秋季滋賀県大会では準決勝で比叡山高に1-6で敗退するも、3位決定戦で近江兄弟社高に11-4と7回コールド勝ち。滋賀県3位で近畿大会へと駒を進めている。近畿大会では、準々決勝で同県のライバルでもある近江高に3-4と惜敗。ベスト8敗退となったが、近江高との接戦が評価され、出場権を勝ち取った。

プロ注目となるような選手は不在だが、エースの増居翔太に注目したい。昨夏の甲子園では、2年生ながら初戦の先発を任されるなど信頼は厚い。新チームで臨んだ秋季大会では、ほぼひとりで投げ抜き、7試合で防御率2.72と安定感がある。甲子園2勝目をマークしたいところだ。

おすすめの記事