「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【今年こそしゃっちで優勝】長崎県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

高校野球が大好きで長崎の高校球児を応援している方へ。
長崎の高校野球の名門校、強豪校の輝かしい歴史に触れてみたいと思いませんか。
今回は長崎県内の高校野球の名門校を5つ選び、甲子園での記録や学校の特徴について解説します。

長崎県勢初の全国優勝【長崎県立清峰高等学校】

清峰高等学校は、男女共学の公立高等学校で、長崎県北松浦郡佐々町にあります。もともとは長崎県立北松南高等学校という名前でしたが、2003年に現在の校名に変わりました。
かつては部員10名ほどの弱小野球部でしたが、徐々に力をつけ、第81回選抜高等学校野球大会で、長崎県勢として初めての全国制覇を果たしました。
OBのプロ野球選手には、広島東洋カープの今村猛投手がいます。第81回選抜大会決勝では、花巻東の菊池雄星投手と投げ合い、1-0で勝利して長崎県勢初の優勝に貢献しました。

県内一のマンモス校【長崎日本大学高等学校】

長崎日本大学高等学校は、長崎県諫早市にある私立高校です。
中高一貫教育を行っており、生徒数は県内一のマンモス校で、「長崎日大」の愛称で親しまれています。
学力向上にも力を入れており、平成28年度の国公立大学の合格者数は86名に達するなど、進学率が高いことも特筆すべき点です。
野球部は春夏通じて11回(春2回、夏9回)の甲子園出場を果たしている長崎県屈指の強豪校です。 4年ぶり7回目の出場となった第89回夏の甲子園では、同じ九州勢の佐賀北と対戦し、0-3で敗れて決勝進出を逃しましたが、4強入りを果たすという実績を残しています。

おすすめの記事