「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017夏の甲子園】関西地区出場校レビュー

2017 8/2 11:22cut
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県:彦根東高校(4年ぶり2回目)

3回戦で、滋賀学園高校(春のセンバツにも出場しプロ注目の選手を擁する)を3-2と接戦の末に下し、勢いに乗った彦根東高校
決勝では、昨夏甲子園出場の近江高校を4-1で破り、4年ぶり2回目となる甲子園出場を決めた。秋季大会では屈辱の1回戦敗退だった同校。春季大会で10年ぶりに優勝を決めた実力が、フロックでないことを証明した格好だ。
このチームはエースの増居翔太選手が中心となっており、決勝では9回2失点被安打2と完投勝利だ。準々決勝、準決勝と温存されていた実力を、決勝戦で思う存分発揮した。
増居選手は京大志望とも伝えられており、平日も練習後には大学受験に向け勉強に励んでいる。県内有数の進学校としても有名で、OBには評論家の田原総一朗氏らも名を連ねる。4年前の大会では初戦で敗退したが、まずは聖地で1勝を目指し、京大志望の2年生が甲子園で躍動することを大いに期待したい。

京都府:京都成章高校(19年ぶり3回目)

名門・龍谷大平安高校を決勝で破った京都成章高校が、19年ぶり3回目の甲子園出場を果たした。 19年前は決勝に進出したものの、横浜高校の松坂大輔選手(現ソフトバンク)にノーヒットノーランを食らった同校。完全なる引き立て役として甲子園史に残っており歴史を更新したいところだ。
秋季大会は北嵯峨高校に2回戦敗退と振るわなかったが、春季大会でベスト8進出し、今夏の予選でみごと栄冠を勝ち取った。そのチームを支えるのはエースの北山亘基選手だ。182センチの長身から放たれるストレートは最速142キロを誇る。予選では49イニングで60三振を奪うなど奪三振能力が高い。
京都府勢は現在、春夏通算で196勝をマークしており4勝で大台の200勝に手が届く。プロ注目の右腕を軸に4勝を挙げ、1998年越えとなる全国制覇を目指す。

おすすめの記事