「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いて見事優勝した、大阪桐蔭

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Nor Gal/Shutterstock.com

2017年第89回選抜高等学校野球大会は大阪桐蔭の5年ぶり2回目の優勝で幕を閉じました。近畿勢の強さが印象に残った大会でしたが、決勝の大阪対決も見ごたえありました。ここでは優勝した大阪桐蔭のチーム紹介とともに、今大会の戦いを振り返り、夏の展望にも触れたいと思います。

春夏合わせて甲子園を6回制覇

大阪桐蔭高等学校は大阪府大東市にある男女共学私立高校です。創立は1983年で野球部も同じ時期に創部されました。甲子園初出場は、春夏ともに2001年ですが、春はベスト8まで勝ち進み、夏は初出場で初優勝を飾っています。以降夏には8回出場して4回優勝、春は3年連続9回目の出場で、2回目の優勝となりました。
2016年秋季近畿大会では、準決勝で敗れていて脆さもありますが、2年生中心の強力打線は得点能力も高く、守備面でも実力派投手を揃え、継投策をとっても、大崩れはありません。

乱打戦を制して準々決勝に進出

1回戦の対戦相手は、中国代表山口県の宇部鴻城高等学校でした。宇部鴻城は2年ぶり3回目の出場です。
宇部鴻城早稲田玲生(わせだ れお)投手、大阪桐蔭徳山壮磨(とくやま そうま)投手の先発で始まったこの試合は、1回裏に5点を挙げた大阪桐蔭が終始主導権を握り、11対0の大差で2回戦に勝ち進みました。2回戦の対戦相手は、東海代表静岡県の静岡高等学校でした。静岡は2年ぶり16回目の出場となる強豪です。
大阪桐蔭横川凱(よこがわ かい)投手、静岡池谷蒼大(いけや そうた)投手の先発で始まったこの試合は初回から点の取り合いとなり、2回7回と追加点を挙げた静岡有利に進みます。しかし6対8で迎えた8回の表3点取って逆転に成功すると、9回にも2点を加え11対8で準々決勝に進みました。

おすすめの記事