「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いたベスト8の一角、東海大福岡

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

32年ぶりの甲子園出場となった東海大福岡をご存知だろうか、あの清宮幸太郎選手擁する早稲田実に打ち勝ったチームだ。準々決勝では優勝した大阪桐蔭に惜しくも敗れた。ここでは、東海大福岡の地区予選や、甲子園での戦いの跡を振り返ると共に、夏の展望にも触れてみたいと思う。

勝負強さで勝ち取った甲子園の切符

東海大学付属福岡高等学校は、1966年の開校で野球部は1971年に創部された。甲子園には1985年の選抜大会に出場して2回戦まで進んだ。しかし夏の甲子園には出場経験がなく、2017年選抜大会が甲子園32年ぶり2回目の出場となった。
東海大福岡は福岡県2位の資格で九州大会に出場して、決勝まで進出、福岡県1位の福岡大大濠に破れるが、九州地区2位の実績と、準決勝までの3試合を全て1点差で勝ち上がった勝負強さが認められて、晴れて甲子園の切符を手に入れた。

薄氷の勝利、1回戦近畿代表兵庫県の神戸国際大学附属高等学校戦

1回戦の対戦相手は、近畿代表兵庫県の神戸国際大学附属高等学校だった。神戸国際大付は7年ぶり4度目の出場だが、強豪ひしめく近畿大会で準優勝の実力校だ。
試合は、神戸国際大付が黒田倭人(くろだ やまと)投手、東海大福岡は安田大将(やすだ だいすけ)投手の先発で始まった。2回の表神戸国際大付に1点先取されるが、3回裏には1点を返し、投手戦に入る。9回表も0点に抑え1対1のまま9回裏の攻撃は、一死一二塁からショートゴロで併殺延長かと思われた。
ところが、一塁送球が悪送球となり、二塁走者がホームに入り2対1でサヨナラ勝ちを収め、2回戦進出を決めた。

おすすめの記事