「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球選抜2017、激戦を勝ち抜いたベスト4の一角、秀岳館

2017 5/15 09:56hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年第89回選抜高校野球大会、負けた試合も含め、4試合で失点7点と抜群のチーム防御率で準決勝まで勝ち上がった、九州代表熊本県の秀岳館について。チーム力や甲子園での実績に加え、準決勝までの戦いの跡を紹介するとともに夏の甲子園への展望に関しても触れてみたいと思う。

甲子園経験者が多い層の厚いチーム

秀岳館高校は、熊本県八代市にある1923年創立の私立高校だ。野球部創部は1956年、夏の選手権への出場は2011年と2016年の2回ある。春も同じく2回で、2013年と2016年に出場しており、2017年が2年連続3回目になった。2016年は春夏連続して準決勝に進出、決勝には進めなかったが、その時のメンバーが多数残っている。
ミート打法に徹した粘りの打線と、投手にはエース級の左腕、田浦文丸投手と川端健斗投手が揃った。攻守にバランスのとれた層の厚いチームとして、昨年以上を目指している。

理想的な勝利、1回戦大和高田市立高田商業高等学校戦

1回戦の対戦相手は、近畿代表奈良県の高田商業高等学校だった。高田商業は23年ぶり3回目の出場だ。
試合は秀岳館は川端投手、高田商業は古川響輝投手の先発で始まった。秀岳館は3回に1点を先行すると5回には満塁本塁打を含む猛攻を見せ一挙7点を奪う。その後7回にも3点を加え、先行、追加、ダメ押しの理想的な点の取り方で、守っては6回の1点に抑え11対1で勝利を収めた。秀岳館は選抜大会3回連続初戦突破を果たし、1回戦敗退は1度もない。

おすすめの記事